更新日 : 2019/08/16

代々木公園で開催されるインドフェスティバル!本場のカレーを味わおう

毎年恒例となった代々木公園で開催されるインドフェスティバルが「ナマステ・インディア」です。今年で27回目となり、2019928日(土)・29日(日)に開催されることが決まっています。

日本最大級のインドの祭典となっており、本場のカレーはもちろんインドの様々な分野の文化に触れることができるイベントです。今回は、そんな代々木公園で開催されるインドフェスティバルの見どころやおすすめポイントを紹介していきます。

インドフェスティバルの見どころ!

カレーを中心としたインドグルメ!

この投稿をInstagramで見る

333さん(@tower333m)がシェアした投稿


インドフェスティバル「ナマステ・インディア」では、毎年多くの屋台が登場。本場のカレーを楽しむことができ、カレー好きにはたまらないイベントです。カレー以外にもインドグルメが販売されているので、インドの食文化を体感することができます。スパイスやハーブを多用した、独特なインド料理を堪能してみてください!

この投稿をInstagramで見る

コマタソさん(@komataso)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

Uliさん(@uli2173)がシェアした投稿

舞踏や音楽パフォーマンスは必見!

この投稿をInstagramで見る

ダイ レンさん(@kuropagu.pagmon)がシェアした投稿


イベントで盛り上がるのが伝統芸能や音楽のステージです。舞踏団やアーティストが登場し、ステージパフォーマンスを披露。インド文化を「観て」楽しむことができます。インドの伝統芸能はなかなか日本で見る機会がないため、代々木公園で観覧できるのはチャンスですね!

この投稿をInstagramで見る

MOMOI SANAEさん(@honuhonu3)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

Gave’s Bさん(@gave.bliss)がシェアした投稿

販売ブースでお土産をゲット!

この投稿をInstagramで見る

RUDRAKSHAさん(@rudraksha_awasthi)がシェアした投稿


インドフェスティバルでは、お土産をゲットすることも可能です。インドゆかりの雑貨や民芸品などを扱った販売ブースも登場。インドの衣服として有名な「サリー」や額に付ける「ヒンディ」などが販売されています。せっかくイベントに参加したなら、思い出にインドの雑貨や民芸品を手に入れてみてはいかがでしょうか。

この投稿をInstagramで見る

アジアン雑貨ヘイヘイ屋さん(@heygheygya)がシェアした投稿

1人でもOK!デートや友達との参加もおすすめのインドフェスティバル!

この投稿をInstagramで見る

Emikoさん(@moni_emi_)がシェアした投稿


インドフェスティバル「ナマステ・インディア」は、誰でも楽しめるインドの祭典です。1人で気軽に参加するのもOKです。代々木公園で開催されるため、1人でふらっと立ち寄ってみるのもいいでしょう。

この投稿をInstagramで見る

ngn41さん(@ngn41)がシェアした投稿

また、カップルのデートや友達など複数人で来場するのもおすすめです。みんなでワイワイ盛り上がれるので、グループでの参加でより祭典を楽しむことができるでしょう。

この投稿をInstagramで見る

isomuraさん(@________okayu)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

古代遺跡な旅デスクさん(@kodai_iseki)がシェアした投稿

インドフェスティバルをより楽しむおすすめポイント

カレーだけじゃないインドグルメ!

この投稿をInstagramで見る

Tomoko Ogawaさん(@tmkogw)がシェアした投稿


インドフェスティバルを楽しむポイントですが、グルメだとカレーが注目されがちです。もちろん本場のカレーもいいのですが、他のインド料理もおすすめです。インドの炊き込みご飯である「ビリヤニ」、インドでポピュラーなおやつである「パ二プリ」など様々なグルメにも注目してみてください!

この投稿をInstagramで見る

AKINOさん(@represent_kuniko)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

はなさん(@hnbearbeard)がシェアした投稿

盛り上がるステージに注目しておこう!

この投稿をInstagramで見る

Otoeさん(@otoppa0808)がシェアした投稿


毎年インドフェスティバルで盛り上がるのがステージパフォーマンスです。インドの伝統芸能を堪能できるため、イベントを楽しむならステージにも注目しておきましょう。ちなみに、インドだけでなく日本の伝統芸能も披露されるため、どちらも要チェックです。ステージスケジュールを確認し、観覧したいステージを押さえておきましょう。

この投稿をInstagramで見る

未来さん(@ubell0)がシェアした投稿

スパイスをゲットして家でも本場のカレー!?

この投稿をInstagramで見る

Fumi Uekiさん(@fumi23.0704)がシェアした投稿


販売ブースでは、雑貨や民芸品が販売されていてお土産におすすめです。珍しい雑貨ばかりなので、見ているだけでも楽しめます。また、スパイスを販売しているブースもあります。本場のスパイスをゲットできるため、お土産に購入して自宅で本場のカレー作りに挑戦してみてはいかがでしょうか。

この投稿をInstagramで見る

Pengin_Pinguinoさん(@travel_broadens_mind)がシェアした投稿

ヘナタトゥーを体験してみては?

この投稿をInstagramで見る

セリカさん(@serika.0)がシェアした投稿


インドフェスティバルでは、ヘナタトゥーの体験ができるお店もありました。ヘナと呼ばれる草花の汁を使ったボディペイントであり、1週間ほどで取れます。今年も出店されるのかは未定ですが、これを機会にぜひ体験してみてください。

インドフェスティバルで絶対に食べてほしいグルメ

この投稿をInstagramで見る

yokorisuさん(@yokorisu)がシェアした投稿


インドフェスティバル「ナマステ・インディア」に参加したなら、まず食べてほしいのが「カレー」です。やはりインド料理の定番であり、本場のカレーを味わってみてください。

この投稿をInstagramで見る

わかぱいさん(@wakapai416)がシェアした投稿

また、「タンドリーチキン」や「シシカバブ」など肉料理もおすすめ!スパイスやハーブを使った味付けが主流であり、美味しい肉料理を堪能することができるでしょう。

この投稿をInstagramで見る

isnmkさん(@isnm.k)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

Takaさん(@tk090700)がシェアした投稿

食べ物だけでなく、ドリンクもおすすめです。「ラッシー」「インドビール」などが販売されており、インド料理との相性抜群。料理とドリンクどちらも楽しみましょう。

この投稿をInstagramで見る

ぽんこ強めさん(@fmk_hysterics)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

fumiaki sakamotoさん(@bonnoh_bozu)がシェアした投稿

インドフェスティバルの予算や持参したいアイテム

イベント参加の予算としては、5,000円前後で十分満足できます。お腹いっぱいインド料理を味わったとしても、5,000円ぐらいで問題ありません。ただし、雑貨や民芸品などを購入するなら、多めの予算を用意しておくのがおすすめです。

持参したいアイテムはブルーシートです。2日間の開催ながら、インドフェスティバルは毎年20万人近い来場者を記録しています。それだけに、食べるスペースが足りず、落ち着いて食べることができないケースがあります。そこでブルーシートを持参し、芝生に敷くことで座って食べることができるのです。代々木公園で開催なので芝生エリアが多くあるため、ブルーシートを持参して参加するのがおすすめです。

  • イベント名:インドフェスティバル「ナマステ・インディア2019」
  • 開催期間:2019年9月28日(土)・29日(日)
  • 最寄り駅:原宿駅 渋谷駅 明治神宮前駅
  • 会場:代々木公園イベント広場
  • オフィシャルサイトhttp://www.indofestival.com/index.html
大きな地図で場所を見る

新着記事

日本橋デート!お江戸で体験・買い物・グルメを満喫の1日コース

しっとりとした大人の街「日本橋」。水運に恵まれたことから流通地となり、全国各地から商人や職人、そして多種多様なものが集まりました。 今回はそんな日本橋で、老舗やお江戸を感じられる「THE・日本橋」なデートスポットをご紹介します。古き良きを知ることで、新たな発見があるかもしれません。カップルはもちろん、交際まであと一歩の二人にも、刺激的なスポットばかりですので、ぜひ、ご参考にしてください。 ...

2019/08/23

原宿で大人デート!1日中“うっとり”しまくる極上スポットご紹介

若者の集まる街「原宿」。シッピングやスイーツなど、とにかく話題のスポットが満載!今回は、そんな若者の街「原宿」で、落ち着いた大人のデートを実現すべく、おすすめのデートスポットをご紹介します。朝から夜まで二人の幸せな時間がゆったりと流れるようなスポットを選びましたので、ぜひ、ご参考にしてください。 ...

2019/08/16