更新日 : 2019/07/06

東京都で一足早く開催される大規模の花火大会【第41回足立の花火】

あなたは、夏のイベントといえば何を思い出しますか?おそらくほとんどの方が、花火大会と答えるでしょう。東京都内では、毎年様々な場所で花火大会が開催されます。今回はその中でも、東京都内の大規模の花火大会で最も早く開催される「足立の花火」についてご紹介いたします。一足早く花火大会を観覧したい方はぜひ、チェックしてみてください。

第41回足立の花火ってどんなイベント?


画像:@daisuke_clover

足立の花火は、東京でおこなわれる大規模の花火大会で、第9位の人気を誇る花火大会です。今年で41回目となる足立の花火は、およそ13,000発の花火を打ち上げる予定となっております。足立の花火の特徴といえば、何と言ってもナイアガラの滝をモチーフにした「ナイアガラ」です。今年は、二重になった「Wナイアガラ」が演出される予定で、今まで以上に迫力のある花火を観ることができます。

花火はどこから観ることができる?


画像:@daisuke_clover

足立の花火は、荒川の河川敷が会場となっており、土手の斜面に座って花火を観ることができます。例年人が多く、場所取りが困難といわれているので、早めの時間に行くことをおすすめします。ちなみに、西新井側の河川敷は、千住側の河川敷よりも広いので、ゆったりと花火を観たい方は西新井側の河川敷がおすすめです。

屋形船に乗って花火を観ることができる!


画像:@brjordanl

荒川で花火大会がおこなわれることもあり、足立の花火は屋形船に乗って観覧することができます。いつもと違った場所で花火を観たい方や、特別な人と特別な場所で花火を観たい方にはおすすめです。もちろん、人数制限が設けられており、西新井橋側の屋形船は20隻、千住新橋側の屋形船は30隻までとなっています。そのため、募集が開始されたら早めに応募するようにしましょう。いつもと違う場所で観れば、より感動すること間違いなしです。

足立の花火の見どころ


画像:@viewtabi

足立の花火では、いくつかの特殊な花火が打ち上げられます。例えば、一番の見どころと言ってもいいほど美しい「ナイアガラ」です。およそ300mの横幅のある花火は圧巻。他にも、目を離すことができないほど連射される「ワイドスターマイン」や、行進曲の威風堂々に合わせて打ち上げられる満開のしだれ桜をモデルにした花火があります。

このように、足立の花火には見どころがたくさんあり、人気であることも納得ができます。

一足早く花火大会を観に行こう!

足立の花火は、河川敷から花火を真近で観ることができるほか、屋形船という特別な場所からも花火を観ることができます。東京都内の大規模の花火大会を、一足早く観たい方はぜひ、お友達や恋人を誘って第41回足立の花火に足を運んでみてください。

  • イベント名:第41回足立の花火
  • 開催期間:2019年7月20日(土)
  • 最寄り駅:JR常磐線・地下鉄・東武スカイツリーライン・つくばエクスプレス北千住駅、東武スカイツリーライン小菅駅・五反野駅・梅島駅から徒歩15分、または東武スカイツリーライン西新井駅、日暮里・舎人ライナー足立小台駅から徒歩25分
  • 会場:東京都足立区千住大川町ほか荒川河川敷
  • 料金・費用:無料
  • オフィシャルサイトhttp://adachikanko.net/
大きな地図で場所を見る

新着記事

七夕のお祭りで都内パワースポット巡り

七夕は東アジアで広く行われている季節の節目を祝う習慣の一つです。元々は中国の行事であったものが奈良時代に我が国にもたらされたもの。七夕と言えば、笹に願い事を書いた短冊をつるすことが付き物となっていますが、これは日本独自の風習で、江戸時代に始まったとされています。以来、この夏の宵に人々は思い思いの願いをその短冊に託してきました。 都内にはパワースポットとされる神社仏閣が多くあり、その内のいくつかで七夕のお祭りが催されます。そこで今回は特にご利益のありそうなイベントを厳選してご紹介。ぜひ恋人と音連れて日本のロマンチックな夏をお過ごしください。

2019/07/17

【まとめ】かき氷大好き!夏休みのデートで巡るフォトジェニック&絶品かき氷

暑い夏休みのデートに、かき氷巡りなんていかがでしょう。今回は、こだわりの材料を使い、多くの方の目と舌を楽しませているかき氷をご紹介いたします。とっても贅沢なかき氷ばかりですので、是非、恋人とシェアしてその感動もシェアしてください。SNS映えも狙えますので、お写真も忘れずに!

2019/07/17

レッツ盆ダンス!東京の盆踊りで夏を楽しもう

盆踊りは文字通りお盆の時期に死者の魂をなぐさめ、供養するために行われる踊りのこと。 その起源については諸説あり定かではありませんが、少なくとも室町時代には現在に近い形のものが催されたと言われています。江戸時代、盆踊りは町人の娯楽として定着。その様子を描いた浮世絵なども残っています。 近代以降も盆踊りの人気は衰えず、「炭坑節」や「東京音頭」など今でもお馴染みの楽曲が作られました。現在でも町内での小さなお祭りから大規模イベントに至るまで、東京の夏を彩る風物詩となっています。 今回はその中でも気軽に友達やご家族で楽しめる、東京都心で行われる盆踊りイベントをご紹介しましよう。

2019/07/17

【まとめ】どんなグループでもOK!夏らしさ感じる東京の夏休みイベント

もうすぐ待ちに待った夏休み!今年の夏も楽しいイベントにたくさん参加したいですよね。今回は、楽しいこと大好きな人におすすめの、夏休み期間中に開催されている東京の一押しイベントをご紹介します。野外ピクニック、謎解き、お化け屋敷、みなさんはどんなイベントがお好みですか。ご家族、カップル、友人同士、どんなグループでも楽しめますので、夏休みの思い出づくりに、是非、足を運んでください。

2019/07/16

【まとめ】夏の女子会・デートにおすすめ!東京のフルーツブッフェイベント

夏の楽しみはいろいろありますが、食べ物もその一つです。今回は、夏のフルーツを堪能できる東京のブッフェイベントをご紹介します。涼しい空間の中、旬の果物を使ったスイーツなどを心ゆくまで楽しめるイベントになっているので、是非、デートや女子会で訪れてみてください。

2019/07/16