ART

更新日 : 2019/06/11

【東京】お子様とおすすめ「ショーン・タンの世界展」

独特の風合いを持つ少女の絵で有名な画家・いわさきちひろ。その邸宅跡地に建てられた「ちひろ美術館・東京」で、オーストラリアの画家・映像作家、ショーン・タンの個展「ショーン・タンの世界展」が開催されています。

細部まで書き込まれた緻密な絵と、果てしない広がりを感じさせる壮大な世界観。そんなタンの世界にどっぷり浸ることのできる、ファン大興奮の企画展です。今回は、日本初の大規模個展となる企画展の内容を、詳しくご紹介したいと思います。

ショーン・タンの世界展とは


画像:@starfield.pic

「ショーン・タンの世界展」は、オーストラリアの画家・映像作家、ショーン・タンの日本初となる大規模な個展です。東京・練馬区の「ちひろ美術館」にて、2019年5月11日から7月28日まで開催されています。

タン本人の全面的な協力を得て、初期の絵本から最新作まで、その緻密で壮大な世界を存分に感じられる内容となっています。

ショーン・タン 
画像:@ekorou8

ショーン・タンは西オーストラリア出身の画家・映像作家です。幼い頃から絵を描くのが得意で、学生時代からSF雑誌で活躍。オーストラリア児童図書賞など、さまざまな賞を受賞しています。

2006年に刊行された「アライバル」は、“文字のない絵本”として熱狂的な支持を集め、現在23の言語で出版されています。

また、約9年の歳月をかけて映像化した「ロスト・シング」は、2011年にアカデミー賞短編アニメーション賞を受賞。タンの名を世界に知らしめました。

ちょっと不気味でどこか温かい独特の世界観


画像:@ekorou8

会場には、絵本の原画や習作、スケッチ、映像作品など約130点が展示されています。なかでも見どころは、全世界に熱烈なファンを持つ「アライバル」の習作や関連資料です。

イメージのスケッチや、自分がモデルになって撮った写真、その写真を使ったコラージュなど、ファンにはたまらない展示が盛りだくさんとなっています。

同じ構図で撮られた(描かれた)写真とスケッチのコラージュからは、タンの持つ想像力の豊かさと、それを形にする精密な画力を感じることができます。

「変な生き物」との出会いも楽しめる


画像:@vicke.coco

タンが描く世界の特徴の一つに、「変な生き物」の存在があります。

戦争や災害のメタファーとして描かれるモンスターや、人間と共生する不思議な生き物たち。会場では、それらをかたどった立体作品の展示も行われています。

絵本の世界から抜け出してきたかのような、不気味だけどどこかユーモラスな生き物たちとの出会いを楽しめるのも、今回の企画展の魅力です。

タンの世界を語るトークイベントも開催


画像:@ekorou8

会期中には、最新作「セミ」をはじめ、これまでに数多くのタン作品を翻訳してきた翻訳家の岸本佐知子さんと、米文学研究者で東京大学名誉教授の柴田元幸さんによるトークイベントも行われます。

・トークイベント日時 2019年6月29日(土) 15:00~16:30
・定員 60名
・参加費 1200円(入館料別)

ふらっと一人で立ち寄るのも良し、絵本好きのお子様と訪れるのもよりのほっこりする展覧会です。是非足を運んでみてください。

  • イベント名:ショーン・タンの世界展
  • 開催期間:2019年5月11日(土)~7月28日(土)
  • 最寄り駅:西武新宿線「上井草駅」
  • 会場:ちひろ美術館・東京
  • 料金・費用:大人800円 高校生以下無料
  • オフィシャルサイトhttp://www.artkarte.art/shauntan/
大きな地図で場所を見る

新着記事

日本橋デート!お江戸で体験・買い物・グルメを満喫の1日コース

しっとりとした大人の街「日本橋」。水運に恵まれたことから流通地となり、全国各地から商人や職人、そして多種多様なものが集まりました。 今回はそんな日本橋で、老舗やお江戸を感じられる「THE・日本橋」なデートスポットをご紹介します。古き良きを知ることで、新たな発見があるかもしれません。カップルはもちろん、交際まであと一歩の二人にも、刺激的なスポットばかりですので、ぜひ、ご参考にしてください。 ...

2019/08/23

原宿で大人デート!1日中“うっとり”しまくる極上スポットご紹介

若者の集まる街「原宿」。シッピングやスイーツなど、とにかく話題のスポットが満載!今回は、そんな若者の街「原宿」で、落ち着いた大人のデートを実現すべく、おすすめのデートスポットをご紹介します。朝から夜まで二人の幸せな時間がゆったりと流れるようなスポットを選びましたので、ぜひ、ご参考にしてください。 ...

2019/08/16