更新日 : 2019/06/14

女性も気軽に参加できる!大人気「COMIC CITY東京 143」

「同人誌」のイベントといえば、一般的によく聞くのは毎年夏・冬に開催されている「コミックマーケット」こと、通称「コミケ」。でも、実はそれだけじゃないんです。

「コミックシティ」というイベントが毎年各地で開催されているのをご存知でしょうか?今回はそんな「コミックシティ」の中でも、7月に東京ビッグサイトにて開催される「COMIC CITY東京 143」をご紹介します。女性客・女性参加者がほとんどを占める会場は、漫画やアニメ好きなオタク系女子の熱気に包まれています。今回は、その魅力をたっぷりとご紹介いたします!

どんなイベント?


画像:@miyajikaho

「COMIC CITY東京 143」こと「コミックシティ」は、赤ブーブー通信社(有限会社ケイ・コーポレーション)が主催する同人誌即売会です。東京・大阪・福岡にて年通算20回程度開催され、場所や名前によって呼び方が変わります。今回の「COMIC CITY東京 143」は、東京ビッグサイトで開催されるコミックシティになります。

参加方法は、スペースを借りて自主製作物を頒布する「サークル参加」、買い物客として参加する「一般参加」、コスプレをして参加する「コスプレ参加」の3通りがあります。

コミケとの違いは?


画像:@itoi_no

コミックシティは、一般的に有名な冬コミ、夏コミこと「コミケ」と比べると開催頻度や会場、客層などが大きく異なります。例えば、コミケが夏・冬の年に2回のみ東京ビッグサイトで行われるイベントであるのに対し、コミックシティは多数の期間・場所で行われるイベント群になります。

客層についても、コミケは男女共に幅広い参加者及び来場者なのに対し、コミックシティは参加者及び来場者とも女性が圧倒的に多いです。

参加方法もさまざま


画像:@tomohiro634

サークル参加の場合は、自主製作した物を頒布をしたいアマチュア(個人)であれば参加可能です。ただしスペースを借りることになるので、事前に申請は必要です。

一般参加の場合は、特別な事前準備は必要ありません。参加したいイベントを事前に決めて、当日会場に行くだけでOK。また、お目当てのサークルがコミケに落選したとしても他のイベントに参加するのは珍しくないので、コミケに参加できない代わりに、コミックシティに参加するという楽しみ方もできます。

また、今回の「COMIC CITY東京 143」ではサークル参加者・一般参加者共にコスプレでの参加が可能。コスプレ好きな方はぜひ参加してみることをおすすめします。女子が多いので、コスプレ初心者の女性は、コミケよりも比較的挑戦しやすいかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?コミケとは一味違う、どちらかというと、女性による女性の為の同人誌のイベント「COMIC CITY東京」。

一人で行くのもよし、同じ趣味を持った友達を誘っていくのも良し。女性の方はコミケよりもハードルが低く、比較的参加しやすいはず。当日会場で話しかけてみて交流が生まれることもあるかも!?

興味のある方はぜひ参加してみては?きっと新しい同人誌の世界が広がるはず。

  • イベント名:COMIC CITY東京 143
  • 開催期間:2019年7月14日(日)
  • 最寄り駅:東京ビッグサイト駅(徒歩3分) / 国際展示場駅(徒歩7分)
  • オフィシャルサイトhttps://www.akaboo.jp/
大きな地図で場所を見る

新着記事

日本橋デート!お江戸で体験・買い物・グルメを満喫の1日コース

しっとりとした大人の街「日本橋」。水運に恵まれたことから流通地となり、全国各地から商人や職人、そして多種多様なものが集まりました。 今回はそんな日本橋で、老舗やお江戸を感じられる「THE・日本橋」なデートスポットをご紹介します。古き良きを知ることで、新たな発見があるかもしれません。カップルはもちろん、交際まであと一歩の二人にも、刺激的なスポットばかりですので、ぜひ、ご参考にしてください。 ...

2019/08/23

原宿で大人デート!1日中“うっとり”しまくる極上スポットご紹介

若者の集まる街「原宿」。シッピングやスイーツなど、とにかく話題のスポットが満載!今回は、そんな若者の街「原宿」で、落ち着いた大人のデートを実現すべく、おすすめのデートスポットをご紹介します。朝から夜まで二人の幸せな時間がゆったりと流れるようなスポットを選びましたので、ぜひ、ご参考にしてください。 ...

2019/08/16