更新日 : 2019/06/12

雪かきをスポーツ化「国際スポーツ雪かき選手権」で小樽の課題を解決!

北海道と言えば「雪」。積雪地域にとって雪を除去する際の気力と体力は想像を超えるものです。

北海道小樽市では、そんな雪かきにかかるしんどさをスポーツにして冬を楽しもうというイベント「国際スポーツ雪かき選手権」が開催されます。

今回は、北海道小樽市で開催される国際スポーツ雪かき選手権についてご紹介します。寒い冬に体を動かしたい方は、ぜひご家族で参加してみてください。

世界規模!?国際スポーツ雪かき選手権とは?


画像:@masaji.ueda

国際スポーツ雪かき選手権とは文字通り雪かきをスポーツにして楽しく社会問題に取り組むイベントです。北国に住む人からすれば、雪は生活の一部となっており、小樽市では高齢化の影響から雪かきは体力的にきびしく、作業中の事故も増加しています。

国際スポーツ雪かき選手権は、小樽市の現在の状況から課題意識を持った地域住民の方々により開始されました。嫌な作業から新しいスポーツへ発想を転換し、日々の生活を楽しむきっかけとなる効果となることが期待されています。

ボランティアからスポーツ化!ルールも随時更新


画像:@masaji.ueda

小樽市では、もともと雪かきはボランティアとして行われていましたが、現在は国際スポーツ雪かき選手権のイベントとして楽しまれるようになりました。参加者には留学生や観光客、地域住民、市民団体など日本だけでなく、インターナショナルな人たちが雪かきを楽ム様子が見られます。

それぞれ2〜6名のチームで、チーム25組による競技がおこなわれます。ルールも定期的に更新されているため、参加前には入念に国際スポーツ雪かき選手権の規定を確認しておくことが望ましいでしょう。

雪かき作業の成果を競え!最高得点チームには賞品が!


画像:@bob.0803

国際スポーツ雪かき選手権の参加した最高得点チームには、大優勝旗(一年間保管、翌年返還)やトロフィー、賞状、賞品が副賞として贈られます。また、成績上位のチームにも賞状や副賞などの賞品が贈られます。

雪かきの作業の成果を評価の基準としており、消費カロリーによっても加点を狙うことができるので、チームの団結力が鍵を握る競技です。

これから参加を考えている方は、協力できる仲間を集めて、賞品を勝ち取りにいきましょう。

誰でも参加可能!チームを作って申し込もう!

国際スポーツ雪かき選手権は誰でも参加可能となっていますが、先着150名と参加人数には限りがあります。これから参加を考えている方はお早めのお申し込みを検討しましょう。ユニークな衣装で参加している方もおり、楽しく雪かきができること間違いなしです。

国際スポーツ雪かき選手権に参加し、小樽市の地域課題をスポーツ感覚で改善してみてはどうでしょうか?

  • イベント名:国際スポーツ雪かき選手権
  • 開催期間:2019年2月17日(日)
  • 最寄り駅:JR小樽駅
  • 会場:小樽市石山町内 小樽マリン場
  • オフィシャルサイトhttps://www.spoyuki.com/
大きな地図で場所を見る