更新日 : 2019/05/10

激辛好きも唸らす「激辛グルメ」が今年は春にも開催!【歌舞伎町】

激辛好きの祭典「激辛グルメ祭り」が、今年は春にも開催されます!激辛グルメの本場、韓国やインド、中国四川などをはじめ、世界各国の激辛料理が一同に集結。※今年は会場が変更になっているのでご確認を

開催は2つのラウンドに分かれています。「1st Round」が5月10日(金)~14日(火)、「2nd Round」は5月16日(木)~20日(月)の間に開催されます。開催期間中には、それぞれ違った6つの店舗が珠玉の激辛グルメを提供します。「激辛グルメ春祭り」では、辛さの種類やレベルも「中辛」~「デス辛」まで細かく分けられており、自分の好みに合った辛さの料理を選べるようになっています。今回はその中でも「激辛」のメニューに絞り、注目メニューを紹介いたします!

「1st Round」の激辛グルメ|5/10~14

本場の四川麻婆豆腐

画像:@gekikaragourmet

横浜中華街の老舗四川料理店、京華から提供されるのは「本場の四川麻婆豆腐」S:800円/M:1,000円/L:1,200円 京華樓特製の豆板醤をメインにした麻婆豆腐には、唐辛子や花椒など18種類ものスパイスが調合されています。辛いけど、辛いだけじゃない、旨味も感じられる本場の四川麻婆豆腐は食べてみる価値アリ。

とんでもねぇ

画像:@gekikaragourmet

一輪から提供されるのは、ラーメン「とんでもねぇ」1,200円 キャッチーなネーミングとは裏腹に、口に入れた瞬間からギブアップしてしまう人続出というほどの激辛ラーメンです。数々の辛党を黙らせてきたという「とんでもねぇ」、激辛を語るならここは見逃せません!

バッファローウイング(カレー味)

画像:@gekikaragourmet

麻布バッファローウイングスからは、ハバネロをはじめとした数十種類ものスパイスをふんだんに使用した手羽先の唐揚げ「バッファローウイング」(カレー味)800円 が登場。カレー味は激辛グルメ春祭り限定のメニューとなっています。ここでしか味わえない激辛唐揚げ。ワイルドに手づかみで食べること推奨です。

情熱の激辛イベリコパエリア・炎の海老アヒージョ~スペイン産生ハム入り~

画像:@gekikaragourmet

スペインクラブから提供される2品はどちらとも激辛メニュー。ブートジョロキアを超える、世界一辛い唐辛子”生キャロライナリーパー”を使用した「情熱の激辛イベリコパエリア」M:800円/L:1,200円 は激辛グルメ祭り名物メニューです。パエリアと合わせて激辛な「炎の海老アヒージョ」800円 もご賞味あれ!

「2nd Round」の激辛グルメ|5/16~20

ゴロゴロチキンカレー

画像:@gekikaragourmet

燻製カレー くんかれから提供されるのは、こだわり抜いた数種類のスパイスと、燻製の香りが豊かな「ゴロゴロチキンカレー」1,000円 名前の通りゴロゴロと大きくカットされたチキンには隠し味として一味が入っています。

タッカルビ

画像:@gekikaragourmet

激辛料理の本場・韓国料理店プングムからは「タッカルビ」1,000円 が登場。近年の韓国ブームに乗ってタッカルビ人気はまだまだ続いています。本場ならではの激辛タッカルビ。少しマイルドな「チーズタッカルビ」1,200円も提供予定です。

ガパオライス

画像:@gekikaragourmet

最近カフェでも見かけるタイ料理「ガパオライス」S:800円/M:1,000円 激辛グルメ祭りでは激辛バージョンになって登場します。激辛の正体は、タイの激辛唐辛子”プリッキーヌ”。本場のタイ人も黙る激辛ガパオライス、タイ料理好きにはぜひ食べてほしい一品です。

一足早く「熱い」気分を味わってみませんか?

開催するたびに多くの激辛好きを唸らせてきた「激辛グルメ祭り」様々な国の激辛料理が楽しめるのはここだけ!ぜひ激辛仲間と一緒に会場に遊びに来てくださいね。なお、会場ではSuicaをはじめ、WAONやnanacoなどの電子マネーも使うことができます。会場ではチャージはできませんので、あらかじめチャージして備えておくことをおすすめします。

激辛の魅力はこちらをクリック!

  • イベント名:激辛グルメ春祭り2019
  • 開催期間
    1st Round開催期間:2019年5月10日(金)~14日(火)
    2nd Round開催期間:2019年5月16日(木)~20日(月)
    開催時間:11:00~21:00 
  • 最寄り駅:西武新宿線「西武新宿駅」南口より徒歩約2分
  • 会場:新宿 シネシティ広場
  • 料金・費用:会場入場は無料
  • オフィシャルサイトhttps://www.gekikara-gourmet.com/
大きな地図で場所を見る

新着記事

今日のわざをなし終えて 都内クラフトビールイベント

遠き山に日は落ちて。 今日もお仕事お疲れ様です!仕事終わりに冷たいビール、最高ですよね。いつものお店やビアホールなども良いですが、普段と違ったクラフトビールイベントへ行ってみるというのも悪くありませんよね。 折角ビールの美味しい季節です、ゴクゴクのどをうるおしてココロとカラダの疲れを取り去ってしまいましょう。今回ご紹介するのは、いずれも今年の夏に東京都内で開催されるクラフトビールイベント。いずれもビール好きなら絶対に見逃せないものばかりです。

2019/07/22

東京の縁日で江戸文化にふれる夏

縁日とは神仏との「縁(ゆかり)」がある日のこと。 古くからこの日に参詣すると普段の参拝よりもご利益があるとされてきました。そのため、縁日には多くの人が神社仏閣に集まります。この参詣客をターゲットにする出店があらわれるようになり、またそれが市をなし、門前町を形成するようになるのは自然な流れでした。今回ご紹介するのは江戸時代からの長い伝統をもつ縁日、そして縁日と同時に行われる夏のお祭りです。是非恋人や家族を誘って江戸文化を満喫してください。

2019/07/22

要チェック!東京に新たな屋台村の胎動

屋台の歴史は古く、江戸時代にさかのぼります。 単身者の多い江戸におけるファーストフード、寿司や天ぷら、そばなどを提供する移動式店舗として普及しました。近代以降もリアカーや自動車による販売へとその形を変えながらも、営業を続けています。 一方、法的な面や衛生上の問題が指摘されるようになるにつれ、屋台は次第にその数を減らしてきました。特に東京においては行政による規制が厳しく、一時は祭事などの場合を除いては殆ど見られなくなります。しかし近年、技術の発達や起業ブームなどの影響により、再び屋台が見直されるようになってきました。今回はそのような復活しつつある屋台の集まる「屋台村」をご紹介したいと思います。

2019/07/22

夏休みはお台場で大人のレジャーを

「レジャー」とは本来、余暇あるいは自由時間という意味を持つ言葉です。 夏休みともなると「レジャー」とは言いながら、ここへ行こうあそこへ行こうとバタバタ追い立てられるように出かけていき、結局はヘトヘトに疲れてしまうことはありませんか。 それでは折角の「レジャー」も台無し。 一人ふらりとお台場へ出かけ、ボンヤリと過ごす夏の一日はいかがでしょうか。ゆったりと楽しむ大人の自由時間の始まりです。

2019/07/21

夏休みにオススメ 東京のフードイベント3選

夏は食欲が落ち込む季節。 何だか食べたくなくて、ゲンナリしてしまいますよね。夏痩せでダイエットにならないかしらなんてダメダメ。きっちり食べて動いて健康的にシェイプアップしましょう。それにはまず食べて元気を取り戻さなくては。 そこで今回は東京都内で開催されるフードイベントをご紹介。いずれもこの暑い夏を乗り切るパワーを与えてくれるものをチョイスしてみました。美味しい食事でモリモリ回復しちゃいましょう。

2019/07/21