更新日 : 2019/05/08

知れば知るほど好きになる「タイフェスティバル2019」でタイ気分を満喫

甘・辛・酸っぱいが一度に楽しめるエスニックな味わいが魅力なタイ料理。一度食べたらクセになって何度も食べたくなる方も少なくないはず。

そんなタイ料理を思う存分楽しめるイベント「タイフェスティバル」が今年も代々木公園で開催されます!開催期間は5月11日(土)・12日(日)の2日間。

今回で20回を迎えるタイフェス。タイ料理のレストラン約50店舗の出店が決定しています。ほかにも物販コーナーやドリンク、スイーツなども一同に集結。

まるで「タイにいるのでは?」と錯覚してしまいそうなほどタイ尽くしの2日間。タイ好き、エスニック好き、旅行好きの方にはたらないイベントです!

タイフェスではこれを食べよう!

これまで開催された「タイフェス」の中でも、特に人気の高かったタイ料理をご紹介。タイフェスに行く前にどれを食べようか悩んでいる方は、是非参考にしてみてください。

カオソイ


画像:@kyoko_asiagohan

ココナッツで仕上げたまろやかなカレースープに揚げ麺が入った「カオソイ」はタイフェスでも大人気。トッピングには酢漬けのキャベツやエシャレット、ライム果汁とお肉、そしてたっぷりのパクチーが乗っています。カリカリの揚げ麺とクリーミーなスープとの相性は抜群!

トムヤムクンヌードル


画像:@chaaaaangum

タイ料理の代表「トムヤムクン」の中に麺が入ったトムヤムクンヌードルも人気メニューのひとつ。魚介のダシが効いたスパイシーなスープに麺が絡んで止まらない美味しさです。中には冷麺を取り扱っているお店も!

カオマンガイ


画像:@naoko_hnd

鶏のダシが染み込んだご飯にピリッと酸っぱ辛いタレをかけたカオマンガイ。タイフェスでは茹で鶏以外にも、フライドチキンが乗ったカオマンガイなど、種類も豊富に楽しむことができます。

お家で作るときの参考にするのも◎

ガパオライス&グリーンカレー


画像:@hirorin_rin

カフェでよく見る「ガパオライス」もタイフェスでは本場の味が楽しめます。実はガパオライスはタイの国民食とも言われているほどポピュラーなメニュー。香りの良いバジルとお肉、野菜と一緒に炒めてナンプラーなどで味付けしたガパオライス。グリーンカレーと一緒に食べるのもおすすめです。

シンハービールで乾杯!タイ気分を思いっきり楽しもう


画像:@06kms03

タイのビールと言えばシンハ―ビール!軽い飲み口でさっぱりといただくことができます。青空の下、シンハービールと辛いタイ料理を食べれば、まるでタイにいる気分になれるかも。

タイフェスではタイ料理の屋台以外にも、AKBグループ「BNK48」のライブステージや、タイ舞踊、タイ往復旅行券が当たる抽選会も開催されます。

GW空けの週末にはお友だちを誘ってタイフェスでタイ気分を満喫してみませんか?

  • イベント名:第20回 タイ・フェスティバル2019
  • 開催期間:2019年5月11日(土)~12日(日) 10:00~20:00※雨天決行
  • 最寄り駅:JR「原宿駅」徒歩3分
  • 会場:代々木公園
  • 料金・費用:会場入場は無料
  • オフィシャルサイトhttp://www.thaifestival.net/
大きな地図で場所を見る

新着記事

今日のわざをなし終えて 都内クラフトビールイベント

遠き山に日は落ちて。 今日もお仕事お疲れ様です!仕事終わりに冷たいビール、最高ですよね。いつものお店やビアホールなども良いですが、普段と違ったクラフトビールイベントへ行ってみるというのも悪くありませんよね。 折角ビールの美味しい季節です、ゴクゴクのどをうるおしてココロとカラダの疲れを取り去ってしまいましょう。今回ご紹介するのは、いずれも今年の夏に東京都内で開催されるクラフトビールイベント。いずれもビール好きなら絶対に見逃せないものばかりです。

2019/07/22

東京の縁日で江戸文化にふれる夏

縁日とは神仏との「縁(ゆかり)」がある日のこと。 古くからこの日に参詣すると普段の参拝よりもご利益があるとされてきました。そのため、縁日には多くの人が神社仏閣に集まります。この参詣客をターゲットにする出店があらわれるようになり、またそれが市をなし、門前町を形成するようになるのは自然な流れでした。今回ご紹介するのは江戸時代からの長い伝統をもつ縁日、そして縁日と同時に行われる夏のお祭りです。是非恋人や家族を誘って江戸文化を満喫してください。

2019/07/22

要チェック!東京に新たな屋台村の胎動

屋台の歴史は古く、江戸時代にさかのぼります。 単身者の多い江戸におけるファーストフード、寿司や天ぷら、そばなどを提供する移動式店舗として普及しました。近代以降もリアカーや自動車による販売へとその形を変えながらも、営業を続けています。 一方、法的な面や衛生上の問題が指摘されるようになるにつれ、屋台は次第にその数を減らしてきました。特に東京においては行政による規制が厳しく、一時は祭事などの場合を除いては殆ど見られなくなります。しかし近年、技術の発達や起業ブームなどの影響により、再び屋台が見直されるようになってきました。今回はそのような復活しつつある屋台の集まる「屋台村」をご紹介したいと思います。

2019/07/22

夏休みはお台場で大人のレジャーを

「レジャー」とは本来、余暇あるいは自由時間という意味を持つ言葉です。 夏休みともなると「レジャー」とは言いながら、ここへ行こうあそこへ行こうとバタバタ追い立てられるように出かけていき、結局はヘトヘトに疲れてしまうことはありませんか。 それでは折角の「レジャー」も台無し。 一人ふらりとお台場へ出かけ、ボンヤリと過ごす夏の一日はいかがでしょうか。ゆったりと楽しむ大人の自由時間の始まりです。

2019/07/21

夏休みにオススメ 東京のフードイベント3選

夏は食欲が落ち込む季節。 何だか食べたくなくて、ゲンナリしてしまいますよね。夏痩せでダイエットにならないかしらなんてダメダメ。きっちり食べて動いて健康的にシェイプアップしましょう。それにはまず食べて元気を取り戻さなくては。 そこで今回は東京都内で開催されるフードイベントをご紹介。いずれもこの暑い夏を乗り切るパワーを与えてくれるものをチョイスしてみました。美味しい食事でモリモリ回復しちゃいましょう。

2019/07/21