更新日 : 2018/09/15

子供から大人まで楽しめる!グルメも最高な東村山どんこい祭り

日本の定番の夏祭りの雰囲気を気軽に楽しみたい、子供を連れて一日お祭りで遊びたい。そんな方におすすめなお祭りが東村山どんこい祭りです。音楽や芸人のイベントや、昔ながらのお祭りの出し物、そしてバラエティー豊富な屋台でお祭りを2日間たっぷり楽しめます。西東京にお住みの方、東村山近郊の埼玉県にお住いの方はぜひ、ご家族や友達をさそって東村山どんこい祭りにいってみよう!

どんこい祭りとは?


画像:@okochanz

どんこい祭りとは、東京と東村山市で開催される、「よさこい」と「武蔵野うどん」を掛け合わせたイベントです。平成19年、東村山に昔から親しまれているうどんを使って市を盛り上げたいと考えた東村山市商工会青年部により、イベントが開催されたのが最初です。「どんこい」という言葉は「ドンと来い」という言葉と「うどん」「よさこい」を掛け合わせた名前になっています。

よさこいがなぜ東村山に?


画像:@okochanz

よさこい祭りは、もともと高知県で誕生したお祭り。よさこい音頭を使って自由におどって楽しめることから、気軽に参加できるという理由で日本全国によさこい風のお祭りが広まるようになったそうです。東村山にも、自然の流れでよさこいが受け入れられたということです。

地元に根付く武蔵野うどん


画像:@r_2910

東村山は実はうどんが自慢。東村山にある武蔵野台地は関東ローム層に覆われていることから、浸水量が多く良質な小麦の生産が盛んになりました。このことから、家庭を中心に郷土料理としてうどんが多く食べられるようになりました。昔も今も、うどんは冠婚葬祭などのイベントや親せきの集まりなどで食べられる大切な食べ物になっています。豚肉が入ったつけ汁に冷たいうどんをつけて食べる「肉汁うどん」は人気の一品です。

東村山どんこい祭りの見どころ


画像:@maricafive

お祭りでは2日間にわたり沢山のイベントが開催されます。プロやアマチュア、学生によるダンスやライブが開催されます。また、1日目の夕方からは夜市が開かれ、多数の屋台飯食べながらイベントを楽しめます。40程ある屋台では、かき氷やたこ焼き、フランクフルトなどの定番から地元のうどん、タイラーメンなどの麺類までさまざまなバリエーションある食べ物がいただけます。お子様連れにはうれしい、手作りワークショップやボウリング、ミニ四駆コースなどもあり、子供が目を輝かせて祭を楽しむ様子がよく見受けられます。会場のステージではお笑い芸人のショーや地元方によるライブなどもあり、子供から大人まで夏祭りを楽しめます。

東村山近郊にお住み方はどんこい祭りへ行ってみて!


画像:@tetsuzoedo

西東京や埼玉県にお住まいの方で、子供を連れてお祭りに行きたいご家族や友達と美味しい屋台飯を食べて遊びたい方は、アクセスも比較的良い東村山どんこい祭りに行ってみてはいかがでしょうか。特に、お子様向けのイベントや、若者が楽しめる食事も多く晩夏に爽やかなイベントです。是非気軽に立ち寄ってみてくださいね。

  • イベント名:どんこい祭り
  • 開催期間:未定。HPにて要確認。(2018年は9月15日(土)・16日(日))
  • 最寄り駅:東村山駅徒歩約10分
  • 会場:天王森公園(東京都東村山市本町3丁目)
  • 料金・費用:入場無料
  • オフィシャルサイトhttp://www.donkoi.com/
大きな地図で場所を見る

新着記事

今日のわざをなし終えて 都内クラフトビールイベント

遠き山に日は落ちて。 今日もお仕事お疲れ様です!仕事終わりに冷たいビール、最高ですよね。いつものお店やビアホールなども良いですが、普段と違ったクラフトビールイベントへ行ってみるというのも悪くありませんよね。 折角ビールの美味しい季節です、ゴクゴクのどをうるおしてココロとカラダの疲れを取り去ってしまいましょう。今回ご紹介するのは、いずれも今年の夏に東京都内で開催されるクラフトビールイベント。いずれもビール好きなら絶対に見逃せないものばかりです。

2019/07/22

東京の縁日で江戸文化にふれる夏

縁日とは神仏との「縁(ゆかり)」がある日のこと。 古くからこの日に参詣すると普段の参拝よりもご利益があるとされてきました。そのため、縁日には多くの人が神社仏閣に集まります。この参詣客をターゲットにする出店があらわれるようになり、またそれが市をなし、門前町を形成するようになるのは自然な流れでした。今回ご紹介するのは江戸時代からの長い伝統をもつ縁日、そして縁日と同時に行われる夏のお祭りです。是非恋人や家族を誘って江戸文化を満喫してください。

2019/07/22

要チェック!東京に新たな屋台村の胎動

屋台の歴史は古く、江戸時代にさかのぼります。 単身者の多い江戸におけるファーストフード、寿司や天ぷら、そばなどを提供する移動式店舗として普及しました。近代以降もリアカーや自動車による販売へとその形を変えながらも、営業を続けています。 一方、法的な面や衛生上の問題が指摘されるようになるにつれ、屋台は次第にその数を減らしてきました。特に東京においては行政による規制が厳しく、一時は祭事などの場合を除いては殆ど見られなくなります。しかし近年、技術の発達や起業ブームなどの影響により、再び屋台が見直されるようになってきました。今回はそのような復活しつつある屋台の集まる「屋台村」をご紹介したいと思います。

2019/07/22

夏休みはお台場で大人のレジャーを

「レジャー」とは本来、余暇あるいは自由時間という意味を持つ言葉です。 夏休みともなると「レジャー」とは言いながら、ここへ行こうあそこへ行こうとバタバタ追い立てられるように出かけていき、結局はヘトヘトに疲れてしまうことはありませんか。 それでは折角の「レジャー」も台無し。 一人ふらりとお台場へ出かけ、ボンヤリと過ごす夏の一日はいかがでしょうか。ゆったりと楽しむ大人の自由時間の始まりです。

2019/07/21

夏休みにオススメ 東京のフードイベント3選

夏は食欲が落ち込む季節。 何だか食べたくなくて、ゲンナリしてしまいますよね。夏痩せでダイエットにならないかしらなんてダメダメ。きっちり食べて動いて健康的にシェイプアップしましょう。それにはまず食べて元気を取り戻さなくては。 そこで今回は東京都内で開催されるフードイベントをご紹介。いずれもこの暑い夏を乗り切るパワーを与えてくれるものをチョイスしてみました。美味しい食事でモリモリ回復しちゃいましょう。

2019/07/21