更新日 : 2019/03/29

ゲレンデを逆走!?奇抜なマラソンイベント”ゲレンデ逆走マラソン”が福島県で毎年開催

日本全土では忘れてはならない日となった東日本大震災。震災以降、地震の被害だけでなく、その後の風評被害に苦しむ人たちも多く、未だ完全に傷は癒えたわけではありません。

そんな中、福島県では”ゲレンデを逆走する”という類を見ないアイデアから逆境を吹き飛ばそうという動きがあります。

スキー場を反対に走る”ゲレンデ逆走マラソン”は、2011年の6月5日から企画され、毎年開催しています。

今回は、震災の風評被害から戦い続けている地域の方々が提案した企画”ゲレンデ逆走マラソン”についてご紹介します。

”ゲレンデ逆走”という発想になった経緯と福島県民の思い


画像提供:@yoshix13

ゲレンデ逆走マラソンという奇妙なイベントは、もともと福島県猪苗代町のリステルスキーファンタジアで開かれた”モーグルワールドカップ”にて、モーグルコースを逆走するという奇抜なアイデアがベースとなって開催されました。


画像提供:@tm.ishizaki

今では名前を変え、「ゲレンデ逆走マラソン」として浸透し、毎年5月〜10月にかけて開催されています。

東日本大震災以降、福島県では震災後の風評被害に苦しみ、県民に方が風評被害と戦うために地域の方々が知恵を絞ったアプローチとして、ゲレンデ逆走マラソンが開催されました。


画像提供:@yuuichihonda

NPO法人や福島県の教育委員会、福島県スキー連盟など、福島県規模で震災の風評被害に戦うべく立ち上がっているゲレンデ逆走マラソンは、様々な県民たちの思いが集約されたイベントです。

各ゲレンデの特徴を活かしたコースで約1000名を越えるランナーが集う!


画像提供:@louis_sata

ゲレンデ逆走マラソンは、おおよそ6つのコースからマラソンが開催され、コースによって開催される時期なども異なります。各ゲレンデそれぞれに特徴があり、中でも猪苗代スキー場は紅葉色づく秋頃に開催され、フルマラソンの部にも参加することができますので、風景を楽しみながら、ゲレンデを逆走して爽快な気分で走り抜けることができるでしょう。

他のコースでも用意されている景品や企画も異なるので、様々な楽しみ方でゲレンデを駆け抜けることができます。

また、参加者は毎年、述べ1000人を超えるほどの熱狂ぶりのため、参加を考えている方はお早めのお申し込みがオススメです。

疲れを癒す特典も豊富!マラソン好きは一度参加してみるのがオススメ!

コースによっては温泉に入浴することもでき、疲れを癒す特典も豊富にあります。マラソン好きは一度福島県のゲレンデを駆け抜けてみるのも新しい楽しさを見いだせるのではないでしょうか?親子で参加するとやすくなるコースも用意されているため、ファミリーで楽しく走ることもオススメです。

一度福島県のゲレンデを滑るのではなく、走ってみてはどうでしょうか?

新着記事

日本橋デート!お江戸で体験・買い物・グルメを満喫の1日コース

しっとりとした大人の街「日本橋」。水運に恵まれたことから流通地となり、全国各地から商人や職人、そして多種多様なものが集まりました。 今回はそんな日本橋で、老舗やお江戸を感じられる「THE・日本橋」なデートスポットをご紹介します。古き良きを知ることで、新たな発見があるかもしれません。カップルはもちろん、交際まであと一歩の二人にも、刺激的なスポットばかりですので、ぜひ、ご参考にしてください。 ...

2019/08/23

原宿で大人デート!1日中“うっとり”しまくる極上スポットご紹介

若者の集まる街「原宿」。シッピングやスイーツなど、とにかく話題のスポットが満載!今回は、そんな若者の街「原宿」で、落ち着いた大人のデートを実現すべく、おすすめのデートスポットをご紹介します。朝から夜まで二人の幸せな時間がゆったりと流れるようなスポットを選びましたので、ぜひ、ご参考にしてください。 ...

2019/08/16