更新日 : 2019/03/29

ゲレンデを逆走!?奇抜なマラソンイベント”ゲレンデ逆走マラソン”が福島県で毎年開催

日本全土では忘れてはならない日となった東日本大震災。震災以降、地震の被害だけでなく、その後の風評被害に苦しむ人たちも多く、未だ完全に傷は癒えたわけではありません。

そんな中、福島県では”ゲレンデを逆走する”という類を見ないアイデアから逆境を吹き飛ばそうという動きがあります。

スキー場を反対に走る”ゲレンデ逆走マラソン”は、2011年の6月5日から企画され、毎年開催しています。

今回は、震災の風評被害から戦い続けている地域の方々が提案した企画”ゲレンデ逆走マラソン”についてご紹介します。

”ゲレンデ逆走”という発想になった経緯と福島県民の思い


画像提供:@yoshix13

ゲレンデ逆走マラソンという奇妙なイベントは、もともと福島県猪苗代町のリステルスキーファンタジアで開かれた”モーグルワールドカップ”にて、モーグルコースを逆走するという奇抜なアイデアがベースとなって開催されました。


画像提供:@tm.ishizaki

今では名前を変え、「ゲレンデ逆走マラソン」として浸透し、毎年5月〜10月にかけて開催されています。

東日本大震災以降、福島県では震災後の風評被害に苦しみ、県民に方が風評被害と戦うために地域の方々が知恵を絞ったアプローチとして、ゲレンデ逆走マラソンが開催されました。


画像提供:@yuuichihonda

NPO法人や福島県の教育委員会、福島県スキー連盟など、福島県規模で震災の風評被害に戦うべく立ち上がっているゲレンデ逆走マラソンは、様々な県民たちの思いが集約されたイベントです。

各ゲレンデの特徴を活かしたコースで約1000名を越えるランナーが集う!


画像提供:@louis_sata

ゲレンデ逆走マラソンは、おおよそ6つのコースからマラソンが開催され、コースによって開催される時期なども異なります。各ゲレンデそれぞれに特徴があり、中でも猪苗代スキー場は紅葉色づく秋頃に開催され、フルマラソンの部にも参加することができますので、風景を楽しみながら、ゲレンデを逆走して爽快な気分で走り抜けることができるでしょう。

他のコースでも用意されている景品や企画も異なるので、様々な楽しみ方でゲレンデを駆け抜けることができます。

また、参加者は毎年、述べ1000人を超えるほどの熱狂ぶりのため、参加を考えている方はお早めのお申し込みがオススメです。

疲れを癒す特典も豊富!マラソン好きは一度参加してみるのがオススメ!

コースによっては温泉に入浴することもでき、疲れを癒す特典も豊富にあります。マラソン好きは一度福島県のゲレンデを駆け抜けてみるのも新しい楽しさを見いだせるのではないでしょうか?親子で参加するとやすくなるコースも用意されているため、ファミリーで楽しく走ることもオススメです。

一度福島県のゲレンデを滑るのではなく、走ってみてはどうでしょうか?

新着記事

夏休みは都内のホテルプールで大人の時間を

今年のお盆休みは最大9連休と言われています。 子どもたちは長期の夏休みに入っていますが、日々忙しく働く大人にだって夏休みは必要です。しかし、遠くに出かけてかえって疲れが残ってしまったというのもよくある話。 そこで、都内のホテルプールでお手軽にリゾート気分を味わうのはいかがでしょうか。ホテルのレストランで食事するもよし、ホテルバーでお酒を頂くもよし、そのまま泊まってしまうなど、フレキシブルに動くことができるのが魅力です。夏休みはホテルプールで憩いの一時を過ごしてみませんか。

2019/07/19

お盆の連休は江戸文化イベントへ

GWの10連休から始まった「令和」、今年の夏はさらに9連休がやってきます。 8月11日の「山の日」が日曜日であるため、翌12日が振替休日となり、一般的なお盆休み期間である8月13日から16日へそのまま流れ込み、ここに通常の土日の休みが加わると最大で9連休になるという計算になります。 海外へ国内へ旅行に行きたくても、この時期は何かと割高な上なので悩ましいですよね。そこであえて東京に残ってみるというのも一つの選択肢。 そこで今回は気軽に都内で江戸文化に触れられるイベントに出かけてみてはいかがでしょうか。今回は、そんな江戸文化を感じられるイベント2つをご紹介いたします。

2019/07/19

夏休みは色々つくってみよう!子供向けイベント3選

夏は子供たちにとって、さまざまな経験を与えてくれる季節。 ちょっとしたキッカケから将来の目標が見つかることだって少なくありません。私たち大人が失ってしまった集中力や吸収力でグングン成長していく姿からは、何だかこちらも元気が貰えるような気さえしてきます。 そこで今回は「ものづくり」にフォーカスをあてたものをご紹介。今回セレクトしたものはどれも、子どもたちに飛び切りの体験を与えてくれるものばかり。きっと多くの発見をしてくれるに違いありません。

2019/07/19

とっておき!都内の夏祭りで国際交流

夏祭りの季節です、どこかお出かけのご予定はありますか。 東京都内の各地域はそれぞれ思い思いの趣向をこらした夏祭りの準備が進められています。カップルで行くも良し家族連れで行くも良し、「令和」最初の夏にお祭りで盛り上がりましょう。 今回ご紹介するお祭りは、それぞれの地域で親しまれてきたもの。 しかし、それだけではありません。いずれも国際交流の場として外国人にも開かれたものとなっていいるのです。地域の伝統と異文化がコラボする活気あふれるお祭りです。異文化に興味がある方は是非参加してみましょう!

2019/07/18

発酵食品の魅力を再発見 東京の夏イベント

発酵食品はお好きですか? パン、チーズやヨーグルト、和食には欠かせない味噌や醤油など一切食べない日がないほどに私達の生活に欠かせないものになっています。この発酵を行うのは目に見えない微生物たちですが、今もまだそのメカニズムについては分からない部分が多く残されています。 人類はその微生物が発見されるはるか前から、経験的に発酵を利用し豊かな食文化を作り上げてきたのです。今年の夏、そんな発酵食品の魅力を再発見するイベントが東京で開催。今まで知らなかった新たな味覚に出会えるかもしれません。

2019/07/18