更新日 : 2019/04/15

スコットランド・エディンバラのカジュアル芸術祭

古くよりスコットランドの首都として栄えてきたエディンバラ。岩山に聳え立つエディンバラ城や、歴史を感じる趣深い街並み、または香り高いスコッチウィスキーを連想する方も多いでしょう。

エディンバラってどんな街?

エディンバラ
画像提供:@unlimitededinburgh

現在では世界遺産としても登録されているエディンバラの街ですが、実は「フェスティバル・シティ」と呼ばれるほど年間を通じてさまざまな行事が盛りだくさんなのです。

特に8月には多くのイベントが集中しているので、夏休みを活用して足を運んでみてはいかかでしょう?

気候もすごしやすく、日本人観光客も少ないので穴場といっても過言ではありません。

今回はその一つであるエディンバラ・フェスティバル・フリンジ(The Edinburgh Festival Fringe)というイベントをご紹介します。(通称フリンジ)

エディンバラ・フェスティバル・フリンジとは

エディンバラ・フェスティバル・フリンジとは
画像提供:@lovegreatbritain

フリンジとは「周辺にあるもの」の意。エディンバラでは同時期にエディンバラ国際フェスティバルというイベントが開催されていて、こちらは世界一流の芸術家たちがさまざまな公演を行う由緒正しいものです。そのイベントに乗っかり、会場の周辺で実験的な演劇などを始めたことがフリンジの起源ということです。

さて、そのフリンジですが、一言で表すと「街をあげての文化祭」です!

街の至るところでパフォーマンスが行われていて、作品の展示や販売を行うブースも所狭しと並んでいます。通りを歩いていると急に演奏が始まったり、仮装した人々が自分の演目のビラを配ったりと賑やかで活気に溢れています。

そこここに目を引く宣伝のポスターがあり、それぞれが思う芸術を表現出来るとっても素敵なお祭りなのです。

フェスティバル・フリンジのみどころ

フェスティバル・フリンジ
画像提供:@lifestyleinbloom

フリンジの魅力は、何と言っても誰もが参加できること!

もちろん、講堂を貸し切っての演目など有料チケット制のものはありますが、フェスティバルの門をくぐるのにチケットは必要ありません。路上で行われるパフォーマンスは無料で見られますし、ハンドメイドの芸術作品なんかも手にとって見ることができます。

ちなみに、有料チケットのパフォーマンスも10ポンド程度なので非常にリーズナブルです。

誰もが参加できるのというのは観客だけではありません。

パフォーマンスをしたい、作品をいろいろな人に見てもらいたいという方も登録料を支払うだけで審査などは一切ありません。ここから有名になったアーティストもいるとのこと。素敵なアイディアをお持ちの方は是非作り手に回ってみてはいかがでしょう?

ヨーロッパ特有のサマータイム期間なので夜遅くまで空は明るく、楽しめること間違いなしです!

  • イベント名:エディンバラ・フェスティバル・フリンジ
  • 開催期間:2019年8月2日〜2019年8月26日
  • 最寄り駅:エディンバラ駅周辺
  • 料金・費用:無料〜10ポンド程度
  • オフィシャルサイトhttps://www.edfringe.com

新着記事

原宿で大人デート!1日中“うっとり”しまくる極上スポットご紹介

若者の集まる街「原宿」。シッピングやスイーツなど、とにかく話題のスポットが満載!今回は、そんな若者の街「原宿」で、落ち着いた大人のデートを実現すべく、おすすめのデートスポットをご紹介します。朝から夜まで二人の幸せな時間がゆったりと流れるようなスポットを選びましたので、ぜひ、ご参考にしてください。 ...

2019/08/16