更新日 : 2019/05/11

銀座の歩行者天国の開催日時や仕組み、注意点まとめ 季節を感じさせてくれるイベントも

高級ブランドや一流レストランが軒を連ねている銀座の街で、週に2回歩行者天国が開催されていることをご存知でしょうか?今回はそんな銀座の歩行者天国の開催日時や仕組み、理由、注意点などを解説していきたいと思います。歩行者天国で行われているイベントなどもあわせて紹介していくので、ぜひチェックしてみてください。

1970年にスタート!銀座で歩行者天国が開始した理由とは?


画像:@toshifumiinoue

銀座の歩行者天国は昭和45年(1970)に始まりました。歩行者天国という名前に馴染みがある方の方が多いかもしれませんが、銀座では「ホリデープロムナード」、略してホコプロという名前でも親しまれています。

歩行者天国が催されることになった理由には、高度経済成長期に自動車が一気に普及したことで問題化した、排気ガスによる大気汚染や交通渋滞などがあります。これらの問題に配慮するために、車よりも歩行者を優先すべきだという考えが生まれたことで、都内では銀座や秋葉原、新宿などで歩行者専用道路が一気に普及したそうです。いまでは同じように歩行者天国が実施されているのはわずかなエリアとなってしまいましたが、銀座では現在も排気ガスや騒音などの交通公害への配慮などを理由に歩行者天国が実施されているのです。

銀座の歩行者天国は土・日・祝に開催!その仕組みとは


画像:@doronpa24

銀座では基本的に土曜、日曜、祝日に歩行者天国が開催されています。季節によって開催時間に変動があり、4月~9月は正午~午後6時まで、10~3月は正午から午後5時までの間、中央通りの銀座通り口交差点から銀座8丁目交差点までのおよそ1,100mの区間が歩行者天国となります。

銀座の歩行者天国は、秋葉原や新宿エリアのものと同じく「特定禁止区域・区間」に指定されており、開催期間中は規制区域内を自動車や原動機付の自転車、軽車両で移動することができません。オーソドックスな自転車の場合は区域内に立ち入ることは可能ですが、降りて押して移動する必要があるので注意しましょう。

車道のど真ん中にテーブルと椅子が設置される?銀座の歩行者天国の楽しみ方とは


画像:@yoiyoi6no1

銀座では歩行者天国の時間になると、中央通りのど真ん中にパラソル付きのテーブルと椅子が設置されます。これらは銀座通連合会支部会が来訪者の憩いのために設置しているもので、誰が使ってももちろんOK。銀座はカフェも込み合いますので、銀ブラをした後にちょっと一息付ける場所が設置されているのはうれしいですよね。

歩行者天国では季節を感じさせてくれるイベントも!銀座らしさを楽しもう


画像:@hitoshiv

銀座では歩行者天国の開催にあわせて、さまざまなイベントが行われることも。例えば夏には「ゆかたで銀ぶら」というイベントが開催されており、当日は浴衣を着て銀座を訪れた方限定でいろいろなお店でお得なおもてなしを受けることができます。ほかにも秋には歩行者天国の区域内で野点が行われる「銀茶会」やこども歌舞伎などが催される「AUTUMN GINZA(オータムギンザ)」というイベントが毎年開催されています。どちらも銀座らしい上品で風情あるイベントなので、ぜひ機会があれば銀ぶらを楽しみながら足を運んでみてください。

■イベント名:ゆかたで銀ぶら
■最寄り駅:銀座駅、銀座一丁目駅など(銀座通り、泰明小学校、各商業施設、店舗などで開催)
■料金・費用:店舗によって異なる
■オフィシャルサイト:http://yukata.ginza.jp/
■カテゴリー:銀座、イベント、歩行者天国
■ジャンル:浴衣、夏

まとめ

いかがでしたか?銀座の歩行者天国は45年以上続く歴史ある催しです。イベントが開催されていない時でも、普段は車が行き来している大通りのど真ん中を歩くという非日常体験ができるので、ぜひ銀座の歩行者天国へ出かけてみてください。

  • イベント名:銀座の歩行者天国
  • 最寄り駅:銀座駅、銀座一丁目駅など
  • 料金・費用:催しによって異なる
  • オフィシャルサイトhttp://www.ginza.jp/event/10818
大きな地図で場所を見る

新着記事

今日のわざをなし終えて 都内クラフトビールイベント

遠き山に日は落ちて。 今日もお仕事お疲れ様です!仕事終わりに冷たいビール、最高ですよね。いつものお店やビアホールなども良いですが、普段と違ったクラフトビールイベントへ行ってみるというのも悪くありませんよね。 折角ビールの美味しい季節です、ゴクゴクのどをうるおしてココロとカラダの疲れを取り去ってしまいましょう。今回ご紹介するのは、いずれも今年の夏に東京都内で開催されるクラフトビールイベント。いずれもビール好きなら絶対に見逃せないものばかりです。

2019/07/22

東京の縁日で江戸文化にふれる夏

縁日とは神仏との「縁(ゆかり)」がある日のこと。 古くからこの日に参詣すると普段の参拝よりもご利益があるとされてきました。そのため、縁日には多くの人が神社仏閣に集まります。この参詣客をターゲットにする出店があらわれるようになり、またそれが市をなし、門前町を形成するようになるのは自然な流れでした。今回ご紹介するのは江戸時代からの長い伝統をもつ縁日、そして縁日と同時に行われる夏のお祭りです。是非恋人や家族を誘って江戸文化を満喫してください。

2019/07/22

要チェック!東京に新たな屋台村の胎動

屋台の歴史は古く、江戸時代にさかのぼります。 単身者の多い江戸におけるファーストフード、寿司や天ぷら、そばなどを提供する移動式店舗として普及しました。近代以降もリアカーや自動車による販売へとその形を変えながらも、営業を続けています。 一方、法的な面や衛生上の問題が指摘されるようになるにつれ、屋台は次第にその数を減らしてきました。特に東京においては行政による規制が厳しく、一時は祭事などの場合を除いては殆ど見られなくなります。しかし近年、技術の発達や起業ブームなどの影響により、再び屋台が見直されるようになってきました。今回はそのような復活しつつある屋台の集まる「屋台村」をご紹介したいと思います。

2019/07/22

夏休みはお台場で大人のレジャーを

「レジャー」とは本来、余暇あるいは自由時間という意味を持つ言葉です。 夏休みともなると「レジャー」とは言いながら、ここへ行こうあそこへ行こうとバタバタ追い立てられるように出かけていき、結局はヘトヘトに疲れてしまうことはありませんか。 それでは折角の「レジャー」も台無し。 一人ふらりとお台場へ出かけ、ボンヤリと過ごす夏の一日はいかがでしょうか。ゆったりと楽しむ大人の自由時間の始まりです。

2019/07/21

夏休みにオススメ 東京のフードイベント3選

夏は食欲が落ち込む季節。 何だか食べたくなくて、ゲンナリしてしまいますよね。夏痩せでダイエットにならないかしらなんてダメダメ。きっちり食べて動いて健康的にシェイプアップしましょう。それにはまず食べて元気を取り戻さなくては。 そこで今回は東京都内で開催されるフードイベントをご紹介。いずれもこの暑い夏を乗り切るパワーを与えてくれるものをチョイスしてみました。美味しい食事でモリモリ回復しちゃいましょう。

2019/07/21