更新日 : 2019/03/05

芸術とエンターテイメントの祭典 日比谷フェスティバルを楽しむ

芸術の集大成として日比谷の街が一気に盛り上がる「Hibiya Festival」を知っていますか?
毎年GW周辺で開催されエンターテイメント性豊かな芸術や演出などなにかと話題になります。宮本亜門プロデュースによるオープニングショーも開催されるなどもあり、80万人を動員しました。Hibiya Festivalでは無料で本格的なショーを楽しめるスポットもあり、芸術に興味のある人でなくとも足を運びたくなるイベントです。

Hibiya Festivalとは?


@asuka.yazawa

東京アート&ライブシティ構想実行委員会、三井物産株式会社、一般社団法人日比谷エリアマネジメント(予定)が主催し、日比谷の周辺の劇場や映画館とコラボして、芸術発信の為に行うイベントです。期間中は日比谷のさまざまな場所が舞台となり、バラエティ豊かなパフォーマンスが行われます。東京ミッドタウン日比谷をメインに大熱狂になること間違いなしです。

Hibiya Festivalがすごいのは贅をつくしたスペシャルショーも開催されることです。例えばオープニングショーとして、宮本亜門プロデュースの総勢20名にもなるパフォーマンスが行われ、鹿鳴館に憧れ成長していく少女の物語を描きます。


@soylatte_moet

日比谷のステップ広場では、シンボルオブジェの「フローラ」がやってきます!現代美術作家ヤノベケンジ氏が制作したもので、高さは4mにもなります。Floraが新たな希望に目覚める、ナイトショーならではの光の演出は一見の価値ありです。

他にも多様なジャンルのステージパフォーマンスなどもあり、連日無料で開催されるなど、本当にお得で楽しみ方も無限大のイベントです。ジャンルもさまざまなものがあり、2019年は「レ・ミゼラブル」や、「ヘンゼル・グレーテル」をはじめ「オペラ」や「クラシック」などの普段なかなか触れることのできない芸術を身近に感じるはずです。

Hibiya Festivalをおすすめする人

Hibiya Festivalは芸術に興味があるけどなかなか踏み出せず、一度は舞台やショーを見てみたいと思っていた人におすすめです。芸術関係のイベントだと1人で行くには勇気がいりますし、「またの機会に…」なんてしているうちに行くチャンスを逃してしまうこともあります。

日比谷は芸術・エンターテイメント性はもちろん銀座からもほど近く、美味しいグルメもたくさんあります。普段はなかなか降りない駅かもしれませんが、実は新しい発見に溢れた街だと思います。だからこそ今までとは違った経験をしにHibiya Festivalに来るのもおすすめします。

実際に踏み出してみると芸術はとても奥深く、は面白かったなんてこともたくさんありますよ。出演者は事前にHP上で紹介されますので確認するようにしておいてくださいね。

まとめ

Hibiya Festivalは意外と知らない日比谷の魅力を存分に体験できます。GWでお休みの期間に行われることもあって、とにかく大混雑することも予想されます。無料で楽しめるものもたくさんありますので、足を運んでみて日比谷の楽しみ方を見つけてみてはいかがでしょうか。せっかくならオープニングショーから楽しめると芸術がより身近に感じられるはずです。

  • イベント名:日比谷フェスティバル|Hibiya Festival
  • 開催期間:2019年4月26日(金)~5月19日(日) 時間 ※イベントによって異なる
  • 最寄り駅:日比谷駅&有楽町駅
  • 会場:日比谷ミッドタウンを中心に開催!オープニングは日比谷ステップ広場
  • オフィシャルサイトhttps://www.hibiya-festival.com/2019/

新着記事

今日のわざをなし終えて 都内クラフトビールイベント

遠き山に日は落ちて。 今日もお仕事お疲れ様です!仕事終わりに冷たいビール、最高ですよね。いつものお店やビアホールなども良いですが、普段と違ったクラフトビールイベントへ行ってみるというのも悪くありませんよね。 折角ビールの美味しい季節です、ゴクゴクのどをうるおしてココロとカラダの疲れを取り去ってしまいましょう。今回ご紹介するのは、いずれも今年の夏に東京都内で開催されるクラフトビールイベント。いずれもビール好きなら絶対に見逃せないものばかりです。

2019/07/22

東京の縁日で江戸文化にふれる夏

縁日とは神仏との「縁(ゆかり)」がある日のこと。 古くからこの日に参詣すると普段の参拝よりもご利益があるとされてきました。そのため、縁日には多くの人が神社仏閣に集まります。この参詣客をターゲットにする出店があらわれるようになり、またそれが市をなし、門前町を形成するようになるのは自然な流れでした。今回ご紹介するのは江戸時代からの長い伝統をもつ縁日、そして縁日と同時に行われる夏のお祭りです。是非恋人や家族を誘って江戸文化を満喫してください。

2019/07/22

要チェック!東京に新たな屋台村の胎動

屋台の歴史は古く、江戸時代にさかのぼります。 単身者の多い江戸におけるファーストフード、寿司や天ぷら、そばなどを提供する移動式店舗として普及しました。近代以降もリアカーや自動車による販売へとその形を変えながらも、営業を続けています。 一方、法的な面や衛生上の問題が指摘されるようになるにつれ、屋台は次第にその数を減らしてきました。特に東京においては行政による規制が厳しく、一時は祭事などの場合を除いては殆ど見られなくなります。しかし近年、技術の発達や起業ブームなどの影響により、再び屋台が見直されるようになってきました。今回はそのような復活しつつある屋台の集まる「屋台村」をご紹介したいと思います。

2019/07/22

夏休みはお台場で大人のレジャーを

「レジャー」とは本来、余暇あるいは自由時間という意味を持つ言葉です。 夏休みともなると「レジャー」とは言いながら、ここへ行こうあそこへ行こうとバタバタ追い立てられるように出かけていき、結局はヘトヘトに疲れてしまうことはありませんか。 それでは折角の「レジャー」も台無し。 一人ふらりとお台場へ出かけ、ボンヤリと過ごす夏の一日はいかがでしょうか。ゆったりと楽しむ大人の自由時間の始まりです。

2019/07/21

夏休みにオススメ 東京のフードイベント3選

夏は食欲が落ち込む季節。 何だか食べたくなくて、ゲンナリしてしまいますよね。夏痩せでダイエットにならないかしらなんてダメダメ。きっちり食べて動いて健康的にシェイプアップしましょう。それにはまず食べて元気を取り戻さなくては。 そこで今回は東京都内で開催されるフードイベントをご紹介。いずれもこの暑い夏を乗り切るパワーを与えてくれるものをチョイスしてみました。美味しい食事でモリモリ回復しちゃいましょう。

2019/07/21