更新日 : 2019/07/20

夏休みの家族旅行は奥多摩の渓谷へ

気象庁の予報によれば、今年の夏は平年なみとのこと。

それでも十分に暑くなるでしょうし、エルニーニョ現象で酷暑となる見通しもあるようです。そうなれば涼を求めて避暑地に行くしかありません。ただ、あまり遠くなると時間やコストがかさみますし、家族そろってとなると何かと大変ですよね。

そんな時は、自然の恵みいっぱいの東京近郊・奥多摩の渓谷がオススメです。

今回は特に都内から日帰りできるものをチョイス。川のせせらぎや木陰に吹く風に火照った体を冷ましてもらいにでかけましょう。

橋上からの絶景 鳩ノ巣渓谷


画像:@tanpiii

鳩ノ巣渓谷は東京都西多摩郡奥多摩町、多摩川上流にある渓谷です。

急流は山肌を削り、各所に巨岩・奇岩を残しました。また切り立った渓谷と澄んだ水、そしてそれに育まれた木々は素晴らしい風景を織りなしています。この渓谷美を愛でながら遊歩道をいけば、眼前には白丸湖が広がってきます。このエメラルドの湖もまた素晴らしい光景をプレゼントしてくれるでしょう。

特に「鳩ノ巣小橋」からの景色は必見。

爽やかな川風を感じながら、鳩ノ巣渓谷の絶景を楽しみましょう。また、渓谷に沿って多くのバンガローも設置されていますから、家族でキャンプを楽しむことも出来ます。山歩きによし川遊びによしのロケーションですから、思う存分、避暑地の夏を満喫できますよ。

奥多摩の定番 秋川渓谷


画像:@rei_hosobu

秋川渓谷は東京都あきるの市、多摩川最大の支流と言われる秋川の流れる渓谷です。

あきるの市から檜原村へと続く全長20kmほどの渓谷で、東京とは思えない豊かな自然が広がっています。シンボル的な存在である「石舟橋」からは、渓谷の美観と草木茂れる夏山の姿を見られます。トレッキングには絶好のポイントと言えるでしょう。

この秋川渓谷、アウドドアエリアとして整備されており、東京近郊で遊びにいける渓谷の定番となっています。例えば「秋川橋河川公園BBQランド」をはじめとするバーベーキュー場はもちろん、マス釣り場の整備されており、そのまま釣果を味わうことも可能です。また近くには温泉施設「秋川渓谷 瀬音の湯」もありますから、たっぷり遊んだ汗を流して帰ることも。

急流下りなら 御嶽渓谷


画像:@kaiji1213

御嶽渓谷は東京都青梅市、グルリと蛇行する多摩川の流れによって作られた渓谷です。

JR「御嶽」駅を下りるとすぐに目の前は渓谷、眼下には急流が白い波を立てて流れています。他の渓谷に比べて比較的町の中にあるような感じがするのは、ここが霊場・御嶽山のおひざもとであるから。川に沿うようにしてある青梅街道沿いには、旅館が立ち並んでおり、宿場町の昔を思い起こさせます。

このように人の手が入りながらも、美しい自然は健在。

澄んだ水は「日本の名水百選」に選ばれるほどです。またその名水を生かした造り酒屋もありますので、お土産に買って帰るというのも良いですね。そして何よりオススメなのがカヌーやラフティングなどのウォータースポーツ体験です。多摩川の急流に乗ってビュンビュン進むのはスリル満点。かかる水の涼しさも夏ならではの醍醐味です。

東京・奥多摩の渓谷は楽しさいっぱい

東京奥多摩には豊かな自然と、それに裏打ちされた魅力あふれる渓谷が数多く存在します。家族で涼を求め、ひと夏の思い出を作るには最適のスポットと言えるでしょう。山も川も楽しさを一杯に用意して待ってくれています。また夏が去れば木々の紅葉が美しい秋を迎えます。その時は改めて訪れてみて、季節の移り変わりを感じてみるのも素敵ではないでしょうか。

新着記事

原宿で大人デート!1日中“うっとり”しまくる極上スポットご紹介

若者の集まる街「原宿」。シッピングやスイーツなど、とにかく話題のスポットが満載!今回は、そんな若者の街「原宿」で、落ち着いた大人のデートを実現すべく、おすすめのデートスポットをご紹介します。朝から夜まで二人の幸せな時間がゆったりと流れるようなスポットを選びましたので、ぜひ、ご参考にしてください。 ...

2019/08/16