更新日 : 2019/07/02

キャンプブロガー「びっくぼ」さんに聞く、キャンプの魅力やアウトドアイベントの楽しみ方とは?

友だちに誘われたことでキャンプにハマり、3年間でおよそ50回ものキャンプに出掛けているキャンプブロガー「びっくぼ」さん。(びっくぼさん運営ブログ「魅惑のキャンプ」)

道具もほとんどない状態から始めて、今では人に貸せるほどの道具もそろえてしまうほどキャンプに夢中となったようです。

そんなびっくぼさんが思う、キャンプの魅力やアウトドアイベントの楽しみ方についてお聞きしました。

キャンプに魅了されたのは??

キャンプ歴3年 始めたきっかけは?

きっかけは、友達家族に誘われて行った泊りがけのキャンプでした。

元々海水浴やBBQは好きだったんですが、キャンプとなると色々道具を持っていかなくてはならないので、あまり乗り気ではなかったんです。

画像:第1営 初キャンプ ~ 星空と自然の魅惑に引き込まれるより

キャンプ道具は友達家族に借りる形で、初めての泊まりがけキャンプがスタート。

美味しい空気、綺麗な星空、火を囲み感動体験

画像:第27営 寒さに懲りずに冬キャンプ♪ ~ 凍結の洗礼より

子どもを連れての初めてのキャンプは子どもたちも大喜びでした。現地の空気の美味しさや、星空の綺麗さは新鮮で、夜には焚火を眺めながらの大人だけの静かな時間も過ごすことができ、とても感動しました。普段友達付き合いだけではない、一緒にキャンプをしているからこそのコミュニケーションもとても楽しい思い出です。

それ以来少しずつアウトドアグッズを集めてキャンプに行くようになりましたね。

子どもと一緒になって遊ぶ

画像:第26営 晩秋のガーデンサイトで日なたぼっこ♪ 池ポチャの失態は決闘でうさ晴らしより

キャンプには子どもも連れて行くんですが、我が家の子どもはキャンプより川で水遊びの方が楽しいようで、夢中になって遊んでいます。

実際に川に入ってみると、すごく冷たくて遊べない場所もあるんですが、ある程度整備されたところではプールのように快適な場所もあるので、ボールを持って行ったり、一緒に浸かって泳いだりして、親子で水遊びを楽しんでいます。

画像:第34営 お嫁様のキャンプ禁断症状は、川辺で解消されたらしいより

川や海では子どもの事故も多い印象を持たれるかと思いますが、だいたいの事故は親が目を離した隙に起こっています。大人も子どもと一緒になって遊ぶことで、親子の関係が深まるだけでなく事故も未然に防ぐことができるのでぜひ子どもと一緒に遊んであげてください。

アウトドアイベントはここが楽しい

最近では、庭やベランダなどでキャンプ気分を楽しむ「ベランピング」が流行中。ベランピングが気になる人や、子どもと一緒にキャンプを楽しみたいという人は、気軽にアウトドアイベントへ遊びに行ってみるのもいいと思います。

そんなキャンプ初心者から、子ども連れのファミリーまで楽しめるというアウトドアイベントその魅力や楽しみ方についてお聞きしました。

画像:TOKYO OUTDOOR WEEKENDに初参戦!会場の様子と教訓をご紹介より

見たり、触ったりすることで使ったときのイメージが浮かぶ

アウトドアイベントでは、アウトドア用品を見ることはもちろん、実際に手に取って触ることができることが最大の魅力です。

※アウトドアイベントで一目ぼれして買ったという「エプロン」。事前にネットでは見ていたものの、買うつもりはなかったそう。

イベントではアウトドア用品を見るだけではなく、触ったり、合わせてみることもできます。手触りや使い心地までしっかり確認できるので、実際に手に取って見れる、というのはすごくいいなと思っています。

17個のポケットと、フック。生地には撥水・難燃加工が施されており、機能性にも優れています。実際にキャンプで使ってみると、動きやすくて快適なエプロンでした。ネットで見ているだけではわからない、実際に見て触ることで、使ったときのことをイメージできるのがアウトドアイベントイベントの魅力のひとつ。

イベントでは新商品でもかなり安く販売していることも多いので、お得に買うこともできるそう。普段、店舗では見れないような大きいテントもたくさん張られているので、中に入ってみたりすることで、使ってみたときのイメージも掴みやすくなるのではないでしょうか。

画像:TOKYO OUTDOOR WEEKENDに初参戦!会場の様子と教訓をご紹介より

子どもが遊べるアクティビティスペースにも注目

アウトドアイベントには、子どもが楽しめるアクティビティスペースも設けられています。

子どもからすると珍しい遊び場なので、公園やピクニックに行くような感覚で参加するといいかもしれません。子どものアクティビティ目当てで行くのもおすすめです。

画像:TOKYO OUTDOOR WEEKENDに初参戦!会場の様子と教訓をご紹介より

イベントでは大きなSUV車に乗って坂を思いっきり駆け上がる体験や、カヌー、逆バンジー、ボルダリングなど、思いっきり身体を動かすアクティビティも充実しています。

びっくぼさんおすすめのアウトドアイベントはこれ

大人から子どもまで気軽に楽しめる「アウトドアデイジャパン」

代々木公園などで開催している「アウトドアデイジャパン」は、キャンプ向けで大規模!食事やアクティビティも充実しているので、子どももガッツリ楽しめます。

商品ブースでは新商品も見て回れますし、キャンプならではの料理、例えば燻製チーズの試食もできたりと、子どもだけではなく大人まで楽しめるバランスの良いイベントだと思います。

画像:アウトドアデイジャパン東京2019 ~ キャンプブームのためか大盛況!より

コアな人には「TOKYO OUTDOOR WEEKEND」がおすすめ

お台場で開催される「TOKYO OUTDOOR WEEKENDはキャンプコア向け!新作のテントがずらりと並んでいたり、コアなガレージブランドが多く商品のブースが充実しているのが魅力です。

画像:TOKYO OUTDOOR WEEKENDに初参戦!会場の様子と教訓をご紹介より

あなた好みのお気に入りの一品が見つかるかもしれません。

アウトドア全般を楽しめる「TOKYO Outside Festival」

新宿で開催される「TOKYO Outside Festival」は、キャンプだけでなく食材も並びます。

他にもクラフトなどの店舗も出店されているので子ども連れでも楽しく、思い出に残る一日を過ごせます。

画像 : 魅惑のキャンプ

キャンプの魅力とは?

都心では見れない現地の景色

どのキャンプ場に行っても、普段の日常にはない自然な雰囲気があり、感動があります。中でも一番印象に残っているのは、静岡県にある「ふもとっぱら」

画像:17営 眺望随一!開放感あふれる「ふもとっぱら」のレビューブログより

「ふもとっぱら」は、富士山が裾の方まで綺麗に見えるスポットです。

東京では見ることのできないような、現地の絶景を眺めながらのキャンプは感動しました。

何も考えず、自然の中でぼーっとする時間

大人の楽しみ方は、何も考えずに自然の中でただぼーっとすること。

焚き火をして、なんとなく火を眺めてみたりとか、

画像:第25営 キャンプの秋 白州堪能♪ ~上映会、眺望最高の湯、アイス食べ放題より

自分の好きな道具や新しく買った道具を広げて、楽しんでみたり、ゆっくりとした時間を過ごすことが1番の魅力だと感じています。

忙しく過ぎる毎日ー。

キャンプでは、そんな日常を忘れ、自然の中で自分の時間をつくることができます。

忙しい現代社会人には、ただぼーっとする時間が必要なのかもしれません。

きっかけはそれぞれ。気軽にキャンプに参加してみて

きっかけはBBQや、海や山、川などに遊びに行って、自然に触れてみることから始めても良いと思います。

実際に行ってみることで雰囲気も感じられますし、「ベランピング」が気になっている人はアウトドアイベントに行って、グッズを見て回るのもおすすめです。

キャンプは家族みんなで楽しむことができるイベント。

自然の中で子どもを思いっきり遊ばせることもできますし、1回行ってみることで、思いがけない趣味のひとつになるかもしれません。

自然の中でゆっくりと過ごす時間に身をゆだねて、気軽にアウトドアを楽しんでみてください。

新着記事

日本橋デート!お江戸で体験・買い物・グルメを満喫の1日コース

しっとりとした大人の街「日本橋」。水運に恵まれたことから流通地となり、全国各地から商人や職人、そして多種多様なものが集まりました。 今回はそんな日本橋で、老舗やお江戸を感じられる「THE・日本橋」なデートスポットをご紹介します。古き良きを知ることで、新たな発見があるかもしれません。カップルはもちろん、交際まであと一歩の二人にも、刺激的なスポットばかりですので、ぜひ、ご参考にしてください。 ...

2019/08/23

原宿で大人デート!1日中“うっとり”しまくる極上スポットご紹介

若者の集まる街「原宿」。シッピングやスイーツなど、とにかく話題のスポットが満載!今回は、そんな若者の街「原宿」で、落ち着いた大人のデートを実現すべく、おすすめのデートスポットをご紹介します。朝から夜まで二人の幸せな時間がゆったりと流れるようなスポットを選びましたので、ぜひ、ご参考にしてください。 ...

2019/08/16