更新日 : 2018/11/27

日比谷公園のグルメイベント5選!肉・魚・麺・飯ぜんぶ紹介!

広大な敷地面積を誇る日比谷公園では、毎年さまざまなグルメイベントが行われています。日本各地の地元めしが集まるイベント、和牛をとことん楽しめるイベント、韓国料理がたくさん好きなだけ食べられるイベントなど……想像するだけでもヨダレが出てきそうです。

ビールを楽しめるイベントもあるのですが、今回はとくに「食べ物」にフィーチャーしているイベントを5つピックアップしてご紹介します!

北海道から沖縄まで、日本各地の「地元めし」が一堂に会するビッグイベント、それが「地元めしフェス”クオーゼィ”in日比谷」です!地元めしへの愛をこめて「クオーゼィ」と呼びましょう。

画像提供:@yumi._.co

毎年4月のはじめごろに、4日間開催されるクオーゼィ。地元の人しか知らないような隠れた名店や、逆にだれでも知っているようなご当地グルメの名店が日比谷公園まで出張してくれます。

どの出展メニューも絶品なので、全部の地元めしを食べきるくらいの気持ちで遊びにいってみてくださいね!

  • スポット名:地元めしフェス”クオーゼィ”in日比谷
  • 所在地:日比谷公園
  • オフィシャルサイトhttp://kuohzei.jp/

そば、うどん、そうめん、パスタ、中華麺など、日本でいちばんおいしい「乾麺」を決める大会が「The 乾麺グランプリ」です!生麺ではなく乾麺に限定しているのがおもしろいですよね。

画像提供:@maruyamaseimen

乾麺グランプリは、2018年で2回目の開催となりました。夏まっさかりの8月中旬ごろに開催されるので、冷たいうどんやそばを楽しみに行きましょう!

乾麺グランプリは、日本各地の腕に自信のある職人さんや企業の選抜グループが出店しています。王道、シンプルなメニューで挑むところもあれば、奇をてらった独特のメニューで挑むところもあるようです。

ちなみに2018年のグランプリは、半田手延べそうめん協同組合さんの「すだち香る阿波尾鶏と山芋の冷たい半田そうめん」。準グランプリはキッコーマン食品(株)の「日本そばで台湾まぜそば」です。王道のそうめんと、ちょっとめずらしい日本そばを使った台湾まぜそばがお客さんの腹をつかんだようですね。

グルメイベントで「肉を食べたい!」そんなあなたにピッタリのイベントが「東京和牛ショー」です。日本中の和牛の生産者、流通関係者、そして料理人。すべての和牛好きたちの力が合わさって開催されているイベントです。


画像提供:@h_ryuta

東京和牛ショーは、毎年9月中旬ごろに5日間開催されます。なかなか時間がとれない現代人にとって、5日間と長めの開催期間はうれしいポイントですよね!

イベント中は黒毛和牛を中心に、高額な和牛を使用した料理がたくさん食べられます。出店しているお店も地元の有名店から銀座の高級レストランまで幅広いです。高級和牛がほとんどということで、どの料理も1,000円〜2,000円程度の価格帯となっています。他のグルメイベントよりも、ちょっとお財布に余裕をもたせて行きたいイベントですね。

いま日本では韓国ブームがすごい!東京のコリアンタウン新大久保は、若い女性を中心に平日でも賑わっています。土日の混雑具合といったら、それはもう歩くのにも苦労するほど。

画像提供:@kj_omatsuri

そんな韓国ブームも手伝ってか、日比谷公園で「日韓交流おまつり」が開催されます!毎年9月の終盤に2日間かけて行われています。

チーズホットックトッポッキなどの流行りの韓国料理がたくさん食べられるのはもちろん、日韓交流がテーマということで日韓の文化を融合したステージプログラムを鑑賞できます。2018年はテコンドーに舞の要素を取り入れた「テコン舞」や、KPOPと和太鼓を合わせた演目などが披露されました。

また女性に嬉しいポイントとして、チマチョゴリなどの韓国装をすうることができるという店です。写真をとったりして、思い出作りにもよさそうですよね。

こちらは魚好きにたまらないイベントです!全国の漁師めしや魚料理が日比谷公園に集まるイベント「ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル〜全国魚市場&魚河岸(うおがし)まつり〜」の紹介です。

画像提供:@ueadakan

フィッシャーマンズフェスティバルは、毎年11月の終盤に4日間かけて開催されます。全国の高級魚介をつかった磯料理や、漁師たちが普段食べているような漁師めしが食べられますよ。

フィッシャーマンズフェスティバルでおいしいものを食べるのはもちろんですが、ぜひステージプログラムも見て欲しいです!大きな魚の解体ショーだったり、魚をテーマにした歌やダンス、お笑いライブといったおもしろいプログラムがたくさんおこなわれています。

解体ショーなどは普段なかなか見ることができませんから、それを見るだけでも行く価値がありそうです!

  • スポット名:ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル ~全国魚市場&魚河岸まつり~
  • 所在地:日比谷公園
  • オフィシャルサイトhttps://37sakana.jp/jffes/menu_list.html

日比谷公園で日本の食を楽しもう!

今回は5つのグルメイベントを紹介しました。それぞれジャンルが違うイベントなので、ぜひ全部にいってみて欲しいと思います。2019年版の詳細情報が出たら、それぞれの公式サイトで更新されるのでチェックしてみてくださいね。