更新日 : 2019/01/15

【東京】今日の今日?急なお出かけ、困ったらこのイベントに行こう!

「今日、どこ行く?」って、よく聞くセリフですよね。でも、今日の今日で何かイベントを探すのも大変ですし、だからと言って中途半端な所にも行きたくない。今回ご紹介するのは、そんな時におすすめの、前売券や予約なしでも行けて、それでいて特別感も感じられるイベントです。是非、カップルや友人同士で楽しんできてください。

世界初公開の冷凍標本は超貴重!企画展「マンモス展」


画像:@mammothten

このイベントの今回の見どころは、世界初公開となる「ケナガマンモスの鼻」と、マンモスの後脚部分「ケナガマンモスの皮膚」の冷凍標本!「ケナガマンモスの鼻」は2013年に発掘され、これまで考えられていたマンモスの鼻の形状を覆す大発見となりました。また、完全体で永久凍土から発掘された仔ケナガマンモス「ディーマ」の標本も38年ぶりに上陸。

本展示のために新たに史上最大級の冷凍展示室が作られ、訪れた人は生々しい貴重な冷凍標本を見ることができます。また、今日の最先端の科学研究を紹介しながら、これからの生命科学やマンモス復活!?についても考察しています。生き物好きは必見の企画展です。

  • イベント名:企画展「マンモス展」
  • 開催期間:2019年6月7日(金)~11月14日(月・祝)
  • 最寄り駅:東京国際クルーズターミナル駅、テレコムセンター駅、東京テレポート駅
  • 会場:日本科学未来館 1F 企画展示ゾーン
  • 料金・費用:大人(19歳以上):1,800(1,600)円、小学生~18歳:1,400(1,300)円、4歳~小学生未満:900(800)円 ※( )内は前売り料金
  • オフィシャルサイトhttps://www.mammothten.jp/
  • カテゴリーEXPERIENCE
  • ジャンルデート散歩学びの場
大きな地図で場所を見る

ビル7階のスポーツバー的ビアガ「天空のビアガーデン」


画像:@rieko_hara

今年のビアガーデンのテーマは“スポーツ・フィーバー”!テラスはスタジアム風にデコレーションされ、新宿の高層ビル群をバックにビアガーデンが楽しめます。プロジェクションマッピングによるスポーツ競技の演出や、スポーツ番組がスクリーンで放映さるなど、ビール片手にワイワイ楽しめる新しいスタイルのビアガーデンです。

料理の目玉は、所沢牛や各種肉料理!「所沢牛ジャーキー」や、「所沢牛ソーセージ&粗挽きソーセージ」などお酒と好相性なお料理が満載。飲み物は、生ビール、ワイン、ハイボール、各種カクテル、ソフトドリンクなど豊富に揃っていますので、心地良い風を感じながら美味しく乾杯してください。

  • イベント名:天空のビアガーデン
  • 開催期間:2019年6月14日(金)~
  • 最寄り駅:西新宿駅、都庁前駅、新宿西口駅
  • 会場:ヒルトン東京7階ルーフトップテラス
  • 料金・費用:平均予算:2,980円
  • オフィシャルサイトhttps://www.hiltontokyo.jp/
  • カテゴリーFOOD
  • ジャンルデート散歩ビアガーデン肉好き
大きな地図で場所を見る

演出って何をするの?その表現方法に驚愕「高畑勲展ー日本のアニメーションに遺したもの」


画像:@free_beaty_lady

高畑氏は絵を描かないってご存知ですか?高畑氏は「演出」をする専門。常に今日的なテーマを模索し、それにふさわしい新しい表現方法を徹底追求した高畑氏の創造努力は、戦後の日本のアニメーションの礎を築き、多くの方に影響を与えてきました。

「アルプスの少女ハイジ」や「赤毛のアン」などのTV作品、そして映画「じゃりン子チエ」、「セロ弾きのゴーシュ」、「火垂るの墓」などのアニメーション作品は、高畑氏が手掛けた演出により、豊かな人間ドラマ、日本の風土や庶民生活のリアリティが表現されています。本展では、興味深い未公開資料も公開しながら、その作品世界の秘密に迫ります。

  • イベント名:高畑勲展ー日本のアニメーションに遺したもの
  • 開催期間:2019年7月2日(火)~10月6日(日)
  • 最寄り駅:竹橋駅、九段下駅
  • 会場:東京国立近代美術館 1階 企画展ギャラリー
  • 料金・費用:一般 1,500(1,300)円、大学生 1,100(900)円、高校生 600(400)円
  • オフィシャルサイトhttps://www.momat.go.jp/
  • カテゴリーART
  • ジャンルデート散歩映画アートアミューズメント
大きな地図で場所を見る

まとめと注意

天空ビアガーデンに関しては、余裕があれば行く前に予約の電話を入れた方が安心です。飲み放題プランは90分なので比較的回転も早く待つことは少ないようですが、念には念を。どのイベントもとても貴重で、今日の今日思いつきで行くには贅沢すぎるスポットですので、是非、足を運んでみてください。

新着記事

とっておき!都内の夏祭りで国際交流

夏祭りの季節です、どこかお出かけのご予定はありますか。 東京都内の各地域はそれぞれ思い思いの趣向をこらした夏祭りの準備が進められています。カップルで行くも良し家族連れで行くも良し、「令和」最初の夏にお祭りで盛り上がりましょう。 今回ご紹介するお祭りは、それぞれの地域で親しまれてきたもの。 しかし、それだけではありません。いずれも国際交流の場として外国人にも開かれたものとなっていいるのです。地域の伝統と異文化がコラボする活気あふれるお祭りです。異文化に興味がある方は是非参加してみましょう!

2019/07/18

発酵食品の魅力を再発見 東京の夏イベント

発酵食品はお好きですか? パン、チーズやヨーグルト、和食には欠かせない味噌や醤油など一切食べない日がないほどに私達の生活に欠かせないものになっています。この発酵を行うのは目に見えない微生物たちですが、今もまだそのメカニズムについては分からない部分が多く残されています。 人類はその微生物が発見されるはるか前から、経験的に発酵を利用し豊かな食文化を作り上げてきたのです。今年の夏、そんな発酵食品の魅力を再発見するイベントが東京で開催。今まで知らなかった新たな味覚に出会えるかもしれません。

2019/07/18

夏休みはお仕事体験!キッズにおすすめの博物館3選

夏休みは、子どもたちに様々な体験を与えてくれる時期。 これらを通して普段の生活では得られない学びを沢山得ることが出来ます。それが将来の夢を抱いたり、将来の進路となるきっかけとなるかも。 最近は「キッザニア東京」に代表される職業体験型のアミューズメント施設もあり、比較的簡単に職業体験が出来るようになってきました。今回ご紹介するのは、日本の社会を支えている三つの職業に関して学び、体験出来る施設となります。

2019/07/18

七夕のお祭りで都内パワースポット巡り

七夕は東アジアで広く行われている季節の節目を祝う習慣の一つです。元々は中国の行事であったものが奈良時代に我が国にもたらされたもの。七夕と言えば、笹に願い事を書いた短冊をつるすことが付き物となっていますが、これは日本独自の風習で、江戸時代に始まったとされています。以来、この夏の宵に人々は思い思いの願いをその短冊に託してきました。 都内にはパワースポットとされる神社仏閣が多くあり、その内のいくつかで七夕のお祭りが催されます。そこで今回は特にご利益のありそうなイベントを厳選してご紹介。ぜひ恋人と音連れて日本のロマンチックな夏をお過ごしください。

2019/07/17

レッツ盆ダンス!東京の盆踊りで夏を楽しもう

盆踊りは文字通りお盆の時期に死者の魂をなぐさめ、供養するために行われる踊りのこと。 その起源については諸説あり定かではありませんが、少なくとも室町時代には現在に近い形のものが催されたと言われています。江戸時代、盆踊りは町人の娯楽として定着。その様子を描いた浮世絵なども残っています。 近代以降も盆踊りの人気は衰えず、「炭坑節」や「東京音頭」など今でもお馴染みの楽曲が作られました。現在でも町内での小さなお祭りから大規模イベントに至るまで、東京の夏を彩る風物詩となっています。 今回はその中でも気軽に友達やご家族で楽しめる、東京都心で行われる盆踊りイベントをご紹介しましよう。

2019/07/17