更新日 : 2019/01/15

【東京】?買う!育てる!!夏の植物をたのしもう

夏にの始まりである6月は、梅雨の季節。湿気が高くなるとヘアスタイルは決まらないし、じめじめしてうっとうしい…。あまり歓迎したくはないけれど、一方で、植物がいきいきと育つ季節でもあります。

冴えない気分を振り払ってくれる、花やグリーンの力を借りに出かけてみませんか。都内でおすすめのイベントをご紹介します。是非お友達や恋人を誘って夏の始まりをお祝いしましょう!

文京あじさいまつり


画像:@hero_nkmr

文京区では、四季を彩る花をテーマにした「文京花の五大まつり」が毎年行われます。白梅と菊の湯島天神、つつじが鮮やかな根津神社、桜の播磨坂、そして6月にはあじさいが咲き乱れる白山神社がその舞台です。

白山という地名の由来でもある白山神社は、古い歴史を持ち、江戸時代には五代将軍・徳川綱吉と桂昌院に手篤く帰依されました。「文京あじさいまつり」では、神社の境内から隣接する白山公園にかけて、約3,000株のあじさいが咲き彩る中、バザーやコンサート、あじさい写生会など、さまざまなイベントが開催されて賑わいます。

ちなみに、全国にある白山神社は歯痛にご利益があるといわれます。日曜日には“歯ブラシ供養”が行われ、イベント期間中には歯科相談コーナーが設けられるほか、先着100名に歯ブラシを無料配布。…見事なあじさいを眺めながらお茶をいただいて、歯の健康もチェックできれば、リフレッシュまちがいなし!

  • イベント名:文京あじさいまつり
  • 開催期間:2019年6月8日(土)~16日(日)
  • 最寄り駅:都営三田線・白山駅、東京メトロ南北線・本駒込
  • 会場:白山神社、白山公園
  • オフィシャルサイトhttps://www.city.bunkyo.lg.jp/ajisai.html
  • カテゴリーEXPERIENCE
  • ジャンルデート散歩自然
大きな地図で場所を見る

夏花フェスタ~夏の花々と多肉植物~


画像:@caitsith0629

池袋サンシャインシティで今年も行われる、プランツの展示販売イベント「夏花フェスタ~夏の花々と多肉植物~」。紫やピンクがあざやかなペチュニアやダリア、つる性植物の女王と言われるクレマチス。ビジュアルが華やかなガーデニング向け植物が大集合。絵になる花々に憧れて、ベランダ・ガーデニングに挑戦したくなるかもしれません。

また、インドア派に人気の、サボテン科などの多肉植物や、さまざまな観葉植物の鉢植えが、ずらりと並びます。いま人気の多肉植物は、コンパクトサイズでバリエーション豊富。立体的な形状もフシギでかわいらしく、元気をもらえるグリーンパートナーにはぴったりです。本格派にも初心者にもうれしい、育て方・楽しみ方のセミナーやガイドツアー、ワークショップも充実。グリーンのある暮らしのヒントが満載です。

  • イベント名:夏花フェスタ~夏の花々と多肉植物~
  • 開催期間:2019年6月14日(金)~16日(日)10:00~20:00
  • 最寄り駅:(JR、東京メトロ、西武線、東武線)池袋駅、東京メトロ有楽町線・東池袋駅
  • 会場:サンシャインシティ 噴水広場
  • オフィシャルサイトhttps://hana-zakari.jp/
  • カテゴリーOUTDOOR
  • ジャンル散歩自然
大きな地図で場所を見る

お富士さんの植木市


画像:@nyaaa_1

浅草寺・雷門がランドマークの浅草には、さまざまな顔があります。浅草寺の起源は約700年前。隅田川で漁師が網で観音像を拾い上げてご本尊にし、徳川家の帰依をうけたことが始まりです。その漁師を祀ったのが浅草神社で、下谷に近いエリアです。ここを中心に、江戸時代の庶民の暮らしに根付いた、富士山信仰の拠点となる浅間神社が栄え、今も下町文化が色濃く残っています。そんな浅草浅間神社は小高い丘にあり、むかしから“お富士さん”と呼ばれ親しまれてきました。

「お富士さんの植木市」は、5月、6月の最終土曜日と日曜日に盛大な植木市が開かれる浅草の初夏の名物です。色とりどりの鉢植え植物は、眺めるだけでも楽しく、多くの人でにぎわいます。江戸の庶民の姿を描いた浮世絵に登場するのも、ミニサイズの盆栽や、鉢植えの朝顔やテッセンなど、すずやかな室内の植物。蒸し暑い季節を気分よく過ごすための、変わらない暮らしの知恵といえるでしょう。

  • イベント名:お富士さんの植木市
  • 開催期間:2019年6月29日(土)~6月30日(日)
  • 最寄り駅:東京メトロ銀座線 浅草駅 徒歩10分/東武スカイツリーライン 浅草駅 徒歩10分/都営地下鉄浅草線 浅草駅 徒歩12分/つくばエクスプレス 浅草駅 徒歩10分
  • 会場:浅草浅間神社
  • オフィシャルサイトhttp://www.city.taito.lg.jp/index/event/kanko/ohujisannouekiichi.html
  • カテゴリーOUTDOOR
  • ジャンル散歩自然
大きな地図で場所を見る

最後に

花瓶に飾るだけの切り花とは違って、鉢植えは手がかかると思うかもしれません。けれど、実は鉢植えの育て方はシンプルで、長くつきあうコツは、水をやりすぎないことと、ときどき陽にあてること。生きているオブジェ、とも言える植物が部屋にあるだけで、暮らしの雰囲気が一段とが変わります。ぜひこの季節に、自分なりのグリーンの楽しみ方をみつけてみましょう。

新着記事

とっておき!都内の夏祭りで国際交流

夏祭りの季節です、どこかお出かけのご予定はありますか。 東京都内の各地域はそれぞれ思い思いの趣向をこらした夏祭りの準備が進められています。カップルで行くも良し家族連れで行くも良し、「令和」最初の夏にお祭りで盛り上がりましょう。 今回ご紹介するお祭りは、それぞれの地域で親しまれてきたもの。 しかし、それだけではありません。いずれも国際交流の場として外国人にも開かれたものとなっていいるのです。地域の伝統と異文化がコラボする活気あふれるお祭りです。異文化に興味がある方は是非参加してみましょう!

2019/07/18

発酵食品の魅力を再発見 東京の夏イベント

発酵食品はお好きですか? パン、チーズやヨーグルト、和食には欠かせない味噌や醤油など一切食べない日がないほどに私達の生活に欠かせないものになっています。この発酵を行うのは目に見えない微生物たちですが、今もまだそのメカニズムについては分からない部分が多く残されています。 人類はその微生物が発見されるはるか前から、経験的に発酵を利用し豊かな食文化を作り上げてきたのです。今年の夏、そんな発酵食品の魅力を再発見するイベントが東京で開催。今まで知らなかった新たな味覚に出会えるかもしれません。

2019/07/18

夏休みはお仕事体験!キッズにおすすめの博物館3選

夏休みは、子どもたちに様々な体験を与えてくれる時期。 これらを通して普段の生活では得られない学びを沢山得ることが出来ます。それが将来の夢を抱いたり、将来の進路となるきっかけとなるかも。 最近は「キッザニア東京」に代表される職業体験型のアミューズメント施設もあり、比較的簡単に職業体験が出来るようになってきました。今回ご紹介するのは、日本の社会を支えている三つの職業に関して学び、体験出来る施設となります。

2019/07/18

七夕のお祭りで都内パワースポット巡り

七夕は東アジアで広く行われている季節の節目を祝う習慣の一つです。元々は中国の行事であったものが奈良時代に我が国にもたらされたもの。七夕と言えば、笹に願い事を書いた短冊をつるすことが付き物となっていますが、これは日本独自の風習で、江戸時代に始まったとされています。以来、この夏の宵に人々は思い思いの願いをその短冊に託してきました。 都内にはパワースポットとされる神社仏閣が多くあり、その内のいくつかで七夕のお祭りが催されます。そこで今回は特にご利益のありそうなイベントを厳選してご紹介。ぜひ恋人と音連れて日本のロマンチックな夏をお過ごしください。

2019/07/17

レッツ盆ダンス!東京の盆踊りで夏を楽しもう

盆踊りは文字通りお盆の時期に死者の魂をなぐさめ、供養するために行われる踊りのこと。 その起源については諸説あり定かではありませんが、少なくとも室町時代には現在に近い形のものが催されたと言われています。江戸時代、盆踊りは町人の娯楽として定着。その様子を描いた浮世絵なども残っています。 近代以降も盆踊りの人気は衰えず、「炭坑節」や「東京音頭」など今でもお馴染みの楽曲が作られました。現在でも町内での小さなお祭りから大規模イベントに至るまで、東京の夏を彩る風物詩となっています。 今回はその中でも気軽に友達やご家族で楽しめる、東京都心で行われる盆踊りイベントをご紹介しましよう。

2019/07/17