更新日 : 2019/06/10

イラストレーター「かるめ」おすすめ/マニア系イベントの楽しみ方

色んなマニアや研究者が集まる「マニアフェスタ」をはじめ、日本の変わった観光地、珍スポットを巡りまくる「別視点ツアー」「終末オトナ遠足」など、今、日本ではマニアックなイベントがひそかにブームを巻き起こしているのをご存知でしょうか。

マニア系イベントは大規模なイベントではないものの、普通のイベントとは違った面白さがあります。1回行くとハマってしまうという人続出。

今回は、自身がカエルや仏像マニアでもあるイラストレーターの「かるめ」さんにマニアイベントでの楽しみ方や魅力をお聞きしました。

マニア系イベントはここが楽しい

マニアイベントは来場者数万単位の大きなイベントではないんです。

小規模だからこそ、お客さんも一緒になって「イベントを盛り上げよう!」という一体感や、アットホームな雰囲気があるところが魅力だと思います。

マニアイベントは、周りにはなかなか居ない「ニッチ」な趣味を持つ者同士で交流が出来る貴重な場所。今まで知らなかったマニアな世界を知ることで、新しい扉を開くことができるので、わたしにとってはかけがえのない空間です。

マニアな思いをたくさん聞く

マニアイベントで特に印象に残っているのは、今年2月に開催された「マニアフェスタ」。

マニアフェスタではグッズを作って出展もしたので、お客さんとの交流はもちろん、出展者の人との交流ができたことがかけがえのない体験になりました。

特にマニアフェスタはかなりニッチな分野なので、普段はなかなか聞けない「なぜそれが好きなのか」を聞いてまわり、作品ごとに愛や思いの詰まったエピソードを教えてもらうのがとても楽しかったです。

マニア系イベントに行くようになったきっかけ

マニア系イベントに足を運ぶきっかけとなったのは、マニアフェスタの主催者が開催している「終末オトナ遠足」や「別視点ツアー」に初めて参加したことから。

画像:終末オトナ遠足

「終末オトナ遠足」や「別視点ツアー」は2、30人くらいの人が集まるんですが、最初から面識があるというわけではありませんでした。

わたしは1人で参加したのですが、私の周りにはいなかった珍スポット好きの人がたくさんいたのがとにかく嬉しかったです。マニアックな話をしても普通に会話できることに感動してしまい、そこで仲良くなった方もたくさんいます。

ツアーだけではなく、マニア系のイベントは内輪だけで盛り上がらず「みんなで楽しもう!」というアットホームな雰囲気です。初めて参加した人の受け入れ態勢が整っているので、わたしみたいに1人で参加してもすごく楽しめると思います。

イベントを楽しむ“4つのおすすめポイント”

1.トークイベントは積極的に行ってみよう

「マニアフェスタ」では体験型のワークショップはあまりなかったのですが、トークライブがあれば積極的に聞きに行った方が楽しいと思います。マニアなトークを聞くことで、今まで知らなかったニッチな分野の面白さを知るきっかけにもなります。

2.顔ハメパネルはコスプレ感覚で楽しもう

顔ハメパネルは、自分のなりたいものになれる、一種のコスプレ的感覚で楽しむのがかるめ流。

マニアフェスタだけではなく、旅行先でのご当地パネルもどんどんはめていきます。

純粋に顔ハメが好き、というのもあるんですが、写真として残しておくことで、旅行やイベントの楽しかった記憶を思い返すことができるのが顔ハメの魅力の内のひとつ。

3.出展者の思いを聞こう

イベントに行ったら、出展者にはぜひ積極的に話しかけてみてください。

質問をすると「これが好き」だということをすごく丁寧に深く語ってくれます。

グッズも、ただ買うだけではなく「どうやって作ったのか」や「なぜこれが好きなのか」など、作者の愛情や思い入れなども知ることができてより楽しめます。

4.新鮮な気持ちで楽しもう

わたしはネタバレがあまり好きではないので。イベントに行くときにはあまり下調べはしません。

調べて行くのも楽しいとは思いますが「新鮮な気持ちでイベントを楽しみたい!」という気持ちが一番なので、先入観なしで行くのがおすすめです。

好きもの同士が集まる「一体感」「空間」を楽しむ

「終末オトナ遠足」や「別視点ツアー」などもそうですが、小規模イベントの方がアットホームな雰囲気なのでみんなと交流しやすいですし、なによりニッチな会話を楽しむこと、そして色んな話を聞くことに価値を感じています。

イベントでは、自分と同じ価値観や熱量のあるマニアが集まるので、仲間のような一体感を感じるのも楽しさのひとつ。

自分の経験を「発信」しよう

ただイベントに参加することだけではなく、イベントの楽しかった思い出をイラストとして人に伝えることも楽しみのひとつ。

イベントも、ただ行っただけで終わるのではなく、面白かったことなどをイラストにすることで楽しい雰囲気が伝わればいいなと思っています。

イラストをTwitterやインスタグラムに載せることで「かるめさんのイラストを見て参加しました」という声もいただいたことがあり、すごく嬉しかったのを覚えています。

イベント後でもこうしてSNSで繋がることできますし、仲良くなった方とはイベントや新たな情報をシェアできたり、そこでコミュニティが生まれることもあります。

マニアな人達との出会いも楽しめる

※写真はタイの地獄寺

マニアイベントというと、どんなものかわからないし、ちょっと敷居が高く感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、実際に行ってみるとユーモア溢れる、今まで知らなかった面白い世界が広がっているのがマニアイベントの醍醐味であり魅力。

おすすめはマニアフェスタなどの小規模なイベント。一般の方でもマニアな人達との交流ができるので気軽に行ってみてみてほしいです。

ぜひ皆さんも気になるものがあれば一度は足を運んでみることをおすすめします。

関連タグ