更新日 : 2019/01/15

【まとめ】初夏におすすめ!音楽&アートクラフトイベント

屋外がさわやかな季節。都内で自然をたのしむなら、公園や川辺が思い浮かびますね。交通の便が良い都心部の公園では、音楽やホビーを存分にたのしめるイベントがあちこちで開催されます。ファミリーで一日楽しめる、あるいは、気の合った友人と連れだって行きたくなる、見逃せないイベントをご紹介します。

Lotus music & book cafe ’19


画像:@lotus_mbc

上野恩賜公園の不忍池は、夏目漱石の「こころ」や森鴎外の「雁」にも登場する、蓮の名所。江戸時代から風雅を楽しむ文人たちが集い、明治の文豪たちにも愛されてきました。池の南西に面した野外ステージは“水上音楽堂”とも呼ばれ、まさに初夏の季節をたのしむには絶好の場所。

今年で4年目を迎える「Lotus music & book cafe ’19」は、まるでオープンカフェに居るように思い思いに過ごせる、音楽と本のイベントです。出演ミュージシャンはアン・サリー、市川和則、蔡忠浩(bonobos) 、崎山蒼志、Predawn、優河、東郷清丸、熊川みゆ。「ニコズテーブル」や「コナカフェ」、「シーブリーズ」といったカフェブースが提供するドリンクやフードと共に、全席自由の会場でゆったりとライブをたのしめます。そして、オンライン古書店として有名な「VALUE BOOKS」と、「SHIBUYA TSUTAYA」による、ユニークでハイセンスなセレクトショップが待っています。

出演ミュージシャンに関連する本やCDなどの販売や、読まなくなった本を持ちよる「本の交換会」など、音楽から本へ、本から本へと好奇心が広がるのも魅力的ですね。

  • イベント名:Lotus music & book cafe ’19
  • 開催期間:2019年6月1日(土) 14:00 開演 ( 13:00 開場 )
  • 最寄り駅:JR御徒町駅から徒歩5分、JR各線・東京メトロ各線上野駅から徒歩7分,京成本線京成上野駅から徒歩3分、地下鉄千代田線湯島駅・銀座線上野広小路駅から徒歩3分
  • 会場:上野恩賜公園野外ステージ (水上音楽堂)
  • 料金・費用:自由席¥3,800(税込)
  • オフィシャルサイトhttps://www.red-hot.ne.jp/lmc/
  • カテゴリーART
  • ジャンルデート散歩
大きな地図で場所を見る

日比谷音楽祭


画像:@hibiyamusicfes

初夏の日比谷が、まるごと音楽祭の舞台になります。椎名林檎や平井堅をはじめ、数々のミュージシャンをプロデュースしてきた、ベーシストの亀田誠治が手がける「日比谷音楽祭」は、“フリーで誰もが参加できる、ボーダーレスな音楽祭”がコンセプト。

音楽ジャンルや世代を問わず、子どもたちにも演奏や体験を通して音楽に触れる場が提供されます。東京の音楽文化の聖地ともいえる日比谷公園の大音楽堂や小音楽堂、隣接する日比谷図書文化館の各ホールをはじめ、日比谷公園と東京ミッドタウンのオープンスペースでは、一日中、無料のライブやワークショップが繰り広げられます。

大音楽堂「YAON」では有料ステージ「Hibiya Dream Session」が行われ、石川さゆり、KREVAJUJU、布袋寅泰、ミッキー吉野&タケカワユキヒデなど、まさにボーダーレスなビッグネームが出演。彼らとコラボレーションする特別ユニット、The Music Part Orchestraは、亀田誠治(b)、佐橋佳幸(g)、斉藤有太(key)、河村“カースケ”智康(d)という超豪華メンバーで見逃せません。屋外でおすすめなのは、数カ所の広場に出展する楽器メーカーのショップや、バリエーション豊かなワークショップ。フードコートも充実、ファミリーで音楽を満喫できる一日をすごせるでしょう。

  • イベント名:日比谷音楽祭
  • 開催期間:2019年6月1日(土) 2日(日) 10:30〜20:30
  • 最寄り駅:東京メトロ丸ノ内線・千代田線「霞ヶ関」、東京メトロ日比谷線・千代田線「日比谷」、都営地下鉄三田線「日比谷」(A10・A14出口)、またはJR「有楽町」徒歩 約8分
  • 会場:日比谷公園(大音楽堂、草地広場、小音楽堂、日比谷図書文化館 大ホール/小ホール、第二花壇、にれのき広場、噴水広場)、サテライト会場:東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場、パークビューガーデン
  • 料金・費用:大音楽堂「YAON」ステージ公演等をのぞいて無料
  • オフィシャルサイトhttps://hibiyamusicfes.jp/
  • カテゴリーMUSIC
  • ジャンルフェス
大きな地図で場所を見る

東京アートクラフトフェスタvol.1


画像:@bamuhei

イラストを描いたり観たりするのが好き、ちょっとしたオブジェをハンドメイドしたり、いろんな工具や素材を眺めるだけでもたのしい。そんな人にぴったりなイベントが、今年はじめて開催される「東京アートクラフトフェスタ」です。カービングやイレイサースタンプ(消しゴムはんこ)、スタンプアートなどのゾーンにわかれ、クリエイターやメーカー、ショップのブースが60以上も集結します。

ワークショップで作ってみることはもちろん、お気に入りのノートやダイアリーを持っていけば、さまざまな特製記念スタンプも押してもらえます。さらに、「みぃstampの耳ツボジュエリー」など、これもスタンプ!?と驚くような、新たな出会いがきっとあるでしょう。場所は、アートやクラフトの材料卸問屋が集まっていることで知られる浅草橋の東商センター。水上バスが行き交う隅田川の遊歩道を歩けば、スカイツリーと両国国技館の屋根が見える初夏の水辺の風景にいやされます。

  • イベント名:東京アートクラフトフェスタvol.1
  • 開催期間:2019年6月2日(日)11:00~16:30
  • 最寄り駅:JR総武線「浅草橋駅」東口(徒歩約5分)、都営浅草線「浅草橋駅」A-3出口(徒歩約5分)
  • 会場:東京浅草橋・東商センター3F展示場
  • 料金・費用:入場料500円
  • オフィシャルサイトhttps://www.artcraftfesta.com/
  • カテゴリーART
  • ジャンルデート散歩アミューズメント
大きな地図で場所を見る

まとめ

遠出もたのしいけれど、都内にも木々の緑や芝生、大きく広がる空や水辺があります。オープンカフェのように、気軽にふらりと立ち寄れるのも、近頃のイベントのいいところ。もっとも、当日券に並ぶことは避けたかったり、ハズせないお目当てのライブステージがあれば、できるだけ事前予約しておくことをおすすめします。

都内の初夏は、音楽やクラフトイベントでのんびりと心を癒されながらエナジーチャージできるといいですね。

新着記事

とっておき!都内の夏祭りで国際交流

夏祭りの季節です、どこかお出かけのご予定はありますか。 東京都内の各地域はそれぞれ思い思いの趣向をこらした夏祭りの準備が進められています。カップルで行くも良し家族連れで行くも良し、「令和」最初の夏にお祭りで盛り上がりましょう。 今回ご紹介するお祭りは、それぞれの地域で親しまれてきたもの。 しかし、それだけではありません。いずれも国際交流の場として外国人にも開かれたものとなっていいるのです。地域の伝統と異文化がコラボする活気あふれるお祭りです。異文化に興味がある方は是非参加してみましょう!

2019/07/18

発酵食品の魅力を再発見 東京の夏イベント

発酵食品はお好きですか? パン、チーズやヨーグルト、和食には欠かせない味噌や醤油など一切食べない日がないほどに私達の生活に欠かせないものになっています。この発酵を行うのは目に見えない微生物たちですが、今もまだそのメカニズムについては分からない部分が多く残されています。 人類はその微生物が発見されるはるか前から、経験的に発酵を利用し豊かな食文化を作り上げてきたのです。今年の夏、そんな発酵食品の魅力を再発見するイベントが東京で開催。今まで知らなかった新たな味覚に出会えるかもしれません。

2019/07/18

夏休みはお仕事体験!キッズにおすすめの博物館3選

夏休みは、子どもたちに様々な体験を与えてくれる時期。 これらを通して普段の生活では得られない学びを沢山得ることが出来ます。それが将来の夢を抱いたり、将来の進路となるきっかけとなるかも。 最近は「キッザニア東京」に代表される職業体験型のアミューズメント施設もあり、比較的簡単に職業体験が出来るようになってきました。今回ご紹介するのは、日本の社会を支えている三つの職業に関して学び、体験出来る施設となります。

2019/07/18

七夕のお祭りで都内パワースポット巡り

七夕は東アジアで広く行われている季節の節目を祝う習慣の一つです。元々は中国の行事であったものが奈良時代に我が国にもたらされたもの。七夕と言えば、笹に願い事を書いた短冊をつるすことが付き物となっていますが、これは日本独自の風習で、江戸時代に始まったとされています。以来、この夏の宵に人々は思い思いの願いをその短冊に託してきました。 都内にはパワースポットとされる神社仏閣が多くあり、その内のいくつかで七夕のお祭りが催されます。そこで今回は特にご利益のありそうなイベントを厳選してご紹介。ぜひ恋人と音連れて日本のロマンチックな夏をお過ごしください。

2019/07/17

レッツ盆ダンス!東京の盆踊りで夏を楽しもう

盆踊りは文字通りお盆の時期に死者の魂をなぐさめ、供養するために行われる踊りのこと。 その起源については諸説あり定かではありませんが、少なくとも室町時代には現在に近い形のものが催されたと言われています。江戸時代、盆踊りは町人の娯楽として定着。その様子を描いた浮世絵なども残っています。 近代以降も盆踊りの人気は衰えず、「炭坑節」や「東京音頭」など今でもお馴染みの楽曲が作られました。現在でも町内での小さなお祭りから大規模イベントに至るまで、東京の夏を彩る風物詩となっています。 今回はその中でも気軽に友達やご家族で楽しめる、東京都心で行われる盆踊りイベントをご紹介しましよう。

2019/07/17