更新日 : 2019/01/15

海から!空から! 東京湾クルージングデート

東京湾は浦賀水道を入口とする太平洋に向かって開いた湾で、東京・千葉・神奈川の三都県に隣接します。多摩川、鶴見川、荒川、江戸川、小櫃川など多くの河川が流れ込み、豊かな漁場を形成。そこで採れた魚介類や海藻は「江戸前」と呼ばれて珍重されてきました。

近代以降、東京湾は海外との玄関口として築港整備がなされ、また羽田の地には東京国際空港が設けられました。さらに臨海には工業地帯が立ち並び、近年ではウォーターフロントの開発が進められています。この東京湾から見える風景は「東京」という街の歴史そのものです。またそこでの人々の営みは、カップルに素晴らしい夜景もプレゼントしてくれます。

東京湾クルーズの定番 「東京ヴァンテアンクルーズ」


画像:@tyjdryo

「東京ヴァンテアンクルーズ」は大型レストラン船「VINGT ET UN(ヴァンテアン)」に乗り、東京湾を巡るクルーズです。フランス語で「21」を意味する名を持つこの船は就航開始から既に30年。これまで多くの人々がこの船から東京湾を見つめてきました。

定期便は「ランチタイムクルーズ」「トワイライトクルーズ」「ディナータイムクルーズ」の3回。レインボーブリッジ、お台場、大井埠頭、羽田空港沖などの見どころスポットを巡る2時間のクルーズです。

これと共に頂くフレンチコースはクォリティが高く、レストラン船の面目躍如と言えます。食事の他にも花束やケーキなどのオプションもあるので、二人の特別な日のデートをバッチリ演出してくれるに違いありません。

  • スポット名:東京ヴァンテアンクルーズ
  • 所在地:東京都港区海岸1丁目12-2
  • 営業時間:ランチタイムクルーズ 11:30~14:00/トワイライトクルーズ 15:50~18:20 / ディナータイムクルーズ 18:50~21:20
  • アクセス:新都市交通ゆりかもめ「竹芝」駅
  • オフィシャルサイトhttp://www.vantean.co.jp/

徳川将軍の巨船でクルーズ 御座船安宅丸


画像:@tokyogozabune

「御座船安宅丸」はかつて江戸幕府3代将軍・徳川家光が作らせた巨大船をテーマにした観光船です。木材を贅沢に用い、あざやかな朱で染められた船体には金色の三つ葉葵が光ります。内装ももちろん豪華絢爛、朱と黒を基調とした御座の間や雅な花鳥風月が描かれた格天井は絵巻物の世界のよう。

1日3回の定期便に「サンセット」「ナイト」を加えた5便が就航されており、レインボーブリッジ、東京スカイツリー、大井ふ頭、お台場などの風景を海から楽しむことが出来ます。

特にオススメなのは「サンセット」「ナイト」のクルーズ。

安宅丸の案内人・ハイクオリティパフォーマンス集団である徳川お持て成し役者「WAGAKU」の面々がガイド、歌や舞のライブ、記念撮影までといたれりつくせりの和のおもてなしをしてくれます。風景を楽しむもよし、「WAGAKU」のパフォーマンスを楽しむもよし、大満足のクルーズです。

  • スポット名:御座船安宅丸
  • 所在地:東京都港区海岸2-7-104
  • 営業時間:1便 13:50~14:30/2便 14:50~15:30/サンセット 17:05~18:45/ナイト 19:35~21:1/※月曜運休(祝日の場合翌日)
  • アクセス:JR「浜松町」駅/都営地下鉄大江戸線「大門」駅 /新都市交通ゆりかもめ「竹芝」駅
  • オフィシャルサイトhttps://www.gozabune.jp/

空から東京湾を見てみよう 「エクセル航空 ヘリコプタークルージング」


画像:@excel_air_service

東京湾を海からだけではなく空から見てみましょう。

「エクセル航空 ヘリコプタークルージング」はそんな願いを叶えるクルージングです。上空600mから見下ろす東京湾、そして東京市街の風景は壮観の一言。東京スカイツリーだって間近に堪能できてしまいます。

定期便は「TOKYOスカイクルーズ」「TOKYOナイトクルーズ」の1日2回。いずれもそれぞれに異なった表情を見ることが出来ますが、何と言ってもオススメは夜景を楽しむことができる「TOKYOナイトクルーズ」です。眼下に広がる宝石を散りばめたような夜景は一生忘れることが出来ないものとなるでしょう。

  • スポット名:エクセル航空 ヘリコプタークルージング
  • 所在地:千葉県浦安市千鳥14
  • 営業時間:TOKYOスカイクルーズ 15:30~日没後30分まで(所要時間 約15分)/TOKYOナイトクルーズ 日没後30分以降~20:45(所要時間 約15分)
  • アクセス:JR「舞浜」駅/東京メトロ東西線「浦安」駅
  • オフィシャルサイトhttps://urayasu1j.excel-air.com/index.html

空と海から東京デート

今もなお変貌を続ける東京湾。

江戸時代から続く埋め立てや沿岸地域の開発は止まる所を知らず、それはまるで一個の生き物の成長を見るようです。2020年のオリンピックのみならず、これからも多くの試みがなされていくことになるでしょう。

刻一刻と姿を変えるその風景は、その時だけのもの。その貴重な時代の一コマをカップルで共有してみませんか。今回ご紹介したクルーズはきっとどれも素晴らしい体験を与えてくれるに違いありません。

新着記事

恐竜展マニア やうこ。さんに聞く!展覧会やイベントに足を運ぶその魅力とは?

お子様と一緒に恐竜博に足を運んでいるうちに、つい一緒に恐竜にハマってしまい、様々な恐竜展覧会に足を運んでいるという恐竜マニアやうこ。(以下「。」は省略)さん。 「子どもの知的好奇心を刺激したい。」「恐竜や生き物が大人になっても大好き。」そんな方必見。恐竜など展覧会の楽しみ方とその魅力をご紹介します。 ...

2019/06/17