ART

更新日 : 2019/01/15

冬のお出かけはここで決まり!東京のおすすめイベント紹介

冬はどうしても引きこもりがちになります。でも、そんな冬だからこそ外に出てリフレッシュしたいもの。

今回ご紹介するのは、ファミリーやカップルのお出かけにピッタリの東京の冬のイベントです。貴重なイベントばかりをピックアップしましたので、是非、ご参考になさってください。

ジブリ作品はどうやって創られてきたのか?企画展示「映画を塗る仕事」展


画像:@ogu_pe

スタジオジブリのアニメーションの礎を築いた故・高畑勲監督と宮崎駿監督。両監督は、「登場人物とその日常を丁寧に描き、実写とは違ったリアリティをもたせることで、観客の心に訴えることができる作品」を目指してきました。光の当て方で時刻や天候を表現し、物の材質や質感なども感じられるような豊かな画面作りを試みました。

本企画展示では、両監督のこだわりを彩色の面から解き明かされることになります。この両監督を支えた色彩設計の故・保田道世さんの手腕や、監督からの要求に最大限に答える努力を惜しまなかったスタッフの知恵と工夫を間近に触れることで、色で‟何が表現されたのか”がわかる展覧会になっています。

  • イベント名:企画展示「映画を塗る仕事」展
  • 開催期間:2018年11月17日(土)~2019年11月(予定)
  • 最寄り駅:三鷹駅
  • 会場:三鷹の森ジブリ美術館
  • 料金・費用:大人・大学生 1,000円、高校生・中学生 700円、小学生 400円、幼児(4歳以上) 100円 ※入場は日時指定の予約制、チケットはローソンのみで販売
  • オフィシャルサイトhttp://www.ghibli-museum.jp/
  • カテゴリーART
  • ジャンルデート散歩アニメイベントアート
大きな地図で場所を見る

スター・ウォーズの世界を体感!200点を超えるコレクションに大興奮「STAR WARS Identities: The Exhibition」


画像:@samylizz_91

約40年にわたり、世界中が「スター・ウォーズ」に魅了されてきました。この展示では、スター・ウォーズの世界観だけでなく、人々を形成するアイデンティティーの科学を探求します。また、科学コンテンツ「インタラクティブスペース」では、「キャラクターの起源」「キャラクターを形創った影響」「キャラクターが行った選択」をテーマによって区分。スター・ウォーズのキャラクターを新しい形で再発見・認識できるイベントになっています。

インタラクティブスペースでは、質問に回答することで自分が選択したキャラクターのアイデンティティーを形成。自身がスター・ウォーズの世界に存在した時のキャラクターを創ることもできます。

  • イベント名:STAR WARS Identities: The Exhibition
  • 開催期間:2019年8月8日(木)~2020年1月13日(月・祝)
  • 最寄り駅:天王洲アイル駅
  • 会場:寺田倉庫G1ビル
  • 料金・費用:前売券:大人(中学生以上) 3,200円(税込)、小人(小学生以下) 2,000円(税込)、親子チケット(小人1名以上を含む家族4人) 10,000円(税込) /当日券:大人(中学生以上) 3,500円(税込)、小人(小学生以下) 2,300円(税込)
  • オフィシャルサイトhttps://www.starwarsidentities.jp/s/swij/?ima=2433
  • カテゴリーART
  • ジャンルデート散歩アニメイベントアート
大きな地図で場所を見る

一見の価値あり!世界に認められた「吉岡徳仁 ガラスの茶室-光庵-」


画像:@miumiuxxx

デザイナーでアーティストの吉岡徳仁氏によるガラスの茶室が、国立新美術館の正面入口前にて特別公開されます。本作品「ガラスの茶室-光庵」は、2011年の第54回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際美術展にて発表し、2015年には京都の将軍塚青龍殿の大舞台で披露され大きな話題になりました。屋外に設置することで、自然光のもとで変化する表情を楽しむことができます。

光をガラスによって表現したこの茶室は、伝統的な掛軸や生け花はなく、降り注ぐ太陽の光により水面のような輝きを生み出し、詩的な光景を浮かび上がらせます。また、パリのオルセー美術館にコレクションされているガラスのベンチや新作も併せて展示。

  • イベント名:特別公開「吉岡徳仁 ガラスの茶室-光庵」
  • 開催期間:2019年4月17日(水)~2021年5月10日(月)
  • 最寄り駅:乃木坂駅/六本木駅
  • 会場:国立新美術館 正面入口前
  • 料金・費用:無料
  • オフィシャルサイトhttp://www.nact.jp/2019/chashitsu/
  • カテゴリーEXPERIENCE
  • ジャンルデート散歩学びの場
大きな地図で場所を見る

まとめ

ジブリやスターウォーズのファンは年齢層が幅広いので、多くの方に楽しんでもらるイベントです。こうした作品の裏側を知ると、次回、その作品を見る際にまた違った楽しみ方ができますよね。吉岡さんの「光庵」は世界的にも評価の高い作品ですし、お天気の違いで茶室の見え方も変化するので、一度と言わず二度三度と足を運んでいただくと様々な表情を見ることができます。

この冬のおでかけの参考にしてみてくださいね。

新着記事

とっておき!都内の夏祭りで国際交流

夏祭りの季節です、どこかお出かけのご予定はありますか。 東京都内の各地域はそれぞれ思い思いの趣向をこらした夏祭りの準備が進められています。カップルで行くも良し家族連れで行くも良し、「令和」最初の夏にお祭りで盛り上がりましょう。 今回ご紹介するお祭りは、それぞれの地域で親しまれてきたもの。 しかし、それだけではありません。いずれも国際交流の場として外国人にも開かれたものとなっていいるのです。地域の伝統と異文化がコラボする活気あふれるお祭りです。異文化に興味がある方は是非参加してみましょう!

2019/07/18

発酵食品の魅力を再発見 東京の夏イベント

発酵食品はお好きですか? パン、チーズやヨーグルト、和食には欠かせない味噌や醤油など一切食べない日がないほどに私達の生活に欠かせないものになっています。この発酵を行うのは目に見えない微生物たちですが、今もまだそのメカニズムについては分からない部分が多く残されています。 人類はその微生物が発見されるはるか前から、経験的に発酵を利用し豊かな食文化を作り上げてきたのです。今年の夏、そんな発酵食品の魅力を再発見するイベントが東京で開催。今まで知らなかった新たな味覚に出会えるかもしれません。

2019/07/18

夏休みはお仕事体験!キッズにおすすめの博物館3選

夏休みは、子どもたちに様々な体験を与えてくれる時期。 これらを通して普段の生活では得られない学びを沢山得ることが出来ます。それが将来の夢を抱いたり、将来の進路となるきっかけとなるかも。 最近は「キッザニア東京」に代表される職業体験型のアミューズメント施設もあり、比較的簡単に職業体験が出来るようになってきました。今回ご紹介するのは、日本の社会を支えている三つの職業に関して学び、体験出来る施設となります。

2019/07/18

七夕のお祭りで都内パワースポット巡り

七夕は東アジアで広く行われている季節の節目を祝う習慣の一つです。元々は中国の行事であったものが奈良時代に我が国にもたらされたもの。七夕と言えば、笹に願い事を書いた短冊をつるすことが付き物となっていますが、これは日本独自の風習で、江戸時代に始まったとされています。以来、この夏の宵に人々は思い思いの願いをその短冊に託してきました。 都内にはパワースポットとされる神社仏閣が多くあり、その内のいくつかで七夕のお祭りが催されます。そこで今回は特にご利益のありそうなイベントを厳選してご紹介。ぜひ恋人と音連れて日本のロマンチックな夏をお過ごしください。

2019/07/17

レッツ盆ダンス!東京の盆踊りで夏を楽しもう

盆踊りは文字通りお盆の時期に死者の魂をなぐさめ、供養するために行われる踊りのこと。 その起源については諸説あり定かではありませんが、少なくとも室町時代には現在に近い形のものが催されたと言われています。江戸時代、盆踊りは町人の娯楽として定着。その様子を描いた浮世絵なども残っています。 近代以降も盆踊りの人気は衰えず、「炭坑節」や「東京音頭」など今でもお馴染みの楽曲が作られました。現在でも町内での小さなお祭りから大規模イベントに至るまで、東京の夏を彩る風物詩となっています。 今回はその中でも気軽に友達やご家族で楽しめる、東京都心で行われる盆踊りイベントをご紹介しましよう。

2019/07/17