更新日 : 2019/01/15

カップルでの東京観光はホテルでランチを

折角の東京観光なので少し贅沢してホテルでランチを楽しみたい。その洗練された空間と確かな技術に裏打ちされた料理が一緒なら、パートナーとの会話もきっとはずむはず。これからどこに行こうかなんてパートナーと話すのもよいですね。

今回ご紹介するホテルランチはどれも歴史と伝統によって磨かれ、食通たちをうならせてきた名店の味。二人の特別な休日にふさわしい料理たちは、きっとよい旅の思い出となってくれるはずです。

バイキング発祥の店 「ブフェレストラン インペリアルバイキング サール」


画像:@bluerose_i26

帝国ホテル内にある「ブフェレストラン インペリアルバイキング サール」は、いわゆる「バイキング」形式の料理を提供した最初の店です。それが生まれたのは今をさることおよそ60年前、当時の社長であった犬丸徹三がスカンジナビアの伝統料理「スモーガスボード」にヒントを得て、1964年の東京オリンピックで料理長を務めた「伝説のシェフ」村上信夫に作らせたのが始まりです。

その伝統の味を今に受け継ぐシェフたちによってオープンキッチンで作られていく料理はどれも素晴らしく、目移りしてしまうほどです。特に牛フィレ肉のパイ包み焼き赤ワインソースは絶品。その他にも約40種類もの本格的な料理をおなか一杯好きなだけたべることが出来るというのですから、大満足です。

  • スポット名:ブフェレストラン インペリアルバイキング サール
  • 所在地:東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル内
  • 営業時間:ランチ 11:30~14:30
  • アクセス:JR「有楽町」駅「新橋」駅/東京メトロ日比谷線・千代田線 都営三田線「日比谷」駅/都営地下鉄三田線「内幸町」駅/東京メトロ日比谷線・丸の内線・銀座線「銀座」駅/東京メトロ有楽町線「有楽町」駅/東京メトロ銀座線 都営浅草線「新橋」駅
  • オフィシャルサイトhttps://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/restaurant/sal/

食通文士の愛した店 「てんぷらと和食 山の上」


画像:@bridgestone1019

「てんぷらと和食 山の上」は食通として知られる小説家・池波正太郎が愛した店のひとつ。出版社の多くある神保町にほど近いこのホテルは文人たちが泊りがけで執筆する際によく用いられ、池波の他にも川端康成、三島由紀夫らも定宿としていました。

そんな池波が好んだのが、「ホテル天丼」。

朝市場から仕入れてきた新鮮な旬の素材を、こだわりのごま油でカラリと揚げ、秘伝のつゆで味付けした贅沢な一品です。池波は店の空いている時にそっと訪れ、刺し身で一杯飲んだ後にこの天丼でしめるのを通例としていたそうです。

こうなると名代の天丼をと行きたくなる所ですが、定食も捨てがたいものがあります。なにせ天ぷらもちろんのこと、定食のごはんや赤だし、香の物にいたるまで、その味わいは折り紙付きなのですから。どちらにするか迷う所です。

  • スポット名:てんぷらと和食 山の上
  • 所在地:東京都千代田区神田駿河台1-1
  • 営業時間:11:00〜15:00(14:30 L.O)
  • アクセス:JR総武線・中央線 御茶ノ水駅、徒歩5分/東京メトロ丸の内線 御茶ノ水駅徒歩6分 /東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅徒歩6分 / 東京メトロ半蔵門線、都営新宿線・三田線 神保町駅徒歩6分
  • オフィシャルサイトhttp://www.yamanoue-hotel.co.jp/restaurant/tenpura/menu.php

美しきイタリアンの店 「イル・テアトロ」


画像:@maa.so2

ホテル椿山荘東京は明治の元勲・山県有朋の目白の高台に築いた別荘「椿山荘」をホテルとして生まれ変わらせたもの。ホテルとしては新しいものの、庭園には多くの歴史的な建築や遺物が残されています。また再建の際に植えられた1万本にもなる木々たちは四季折々の姿を私達に見せてくれます。

そんなホテル椿山荘東京を代表するレストランが「イル・テアトロ」。

イタリア語で「劇場」を意味する名を冠したこの店の料理はどこまでも優美。舞台の一幕一幕を見るようなコース料理は一度は経験してみる価値があります。

また、時期によってはホテル椿山荘東京の個室でこの料理を頂くこともできますので、カップルでの東京観光にはピッタリ。パートナーと美しい日本庭園を見ながら至高のイタリアンを楽しみましょう。

  • スポット名:イル・テアトロ
  • 所在地:東京都文京区関口2-10-8 ホテル椿山荘東京内
  • 営業時間:ランチ 12:00〜14:30(L.O)
  • アクセス:JR「目白」「高田馬場」駅/東京メトロ東西線「早稲田」駅/東京メトロ副都心線「雑司が谷」駅/東京メトロ有楽町線「江戸川橋」駅
  • オフィシャルサイトhttps://hotel-chinzanso-tokyo.jp/restaurant/ilteatro/

ホテルランチの愉悦 ここにあり

カップルでの東京観光、ランチは大きな楽しみの一つであることは言うまでもありません。それだけにセンスが問われるところでもあります。少し贅沢になっても、間違いのない店でパートナーの心をつかみたいものです。

その点で、今回ご紹介したホテルランチはどれも、料理はもちろん調度やサービスに至るまで満足頂けるものと言えます。そしてそれは二人に素晴らしい時間をプレゼントしてくれるに違いありません。是非、参考にしてみてください。

新着記事

とっておき!都内の夏祭りで国際交流

夏祭りの季節です、どこかお出かけのご予定はありますか。 東京都内の各地域はそれぞれ思い思いの趣向をこらした夏祭りの準備が進められています。カップルで行くも良し家族連れで行くも良し、「令和」最初の夏にお祭りで盛り上がりましょう。 今回ご紹介するお祭りは、それぞれの地域で親しまれてきたもの。 しかし、それだけではありません。いずれも国際交流の場として外国人にも開かれたものとなっていいるのです。地域の伝統と異文化がコラボする活気あふれるお祭りです。異文化に興味がある方は是非参加してみましょう!

2019/07/18

発酵食品の魅力を再発見 東京の夏イベント

発酵食品はお好きですか? パン、チーズやヨーグルト、和食には欠かせない味噌や醤油など一切食べない日がないほどに私達の生活に欠かせないものになっています。この発酵を行うのは目に見えない微生物たちですが、今もまだそのメカニズムについては分からない部分が多く残されています。 人類はその微生物が発見されるはるか前から、経験的に発酵を利用し豊かな食文化を作り上げてきたのです。今年の夏、そんな発酵食品の魅力を再発見するイベントが東京で開催。今まで知らなかった新たな味覚に出会えるかもしれません。

2019/07/18

夏休みはお仕事体験!キッズにおすすめの博物館3選

夏休みは、子どもたちに様々な体験を与えてくれる時期。 これらを通して普段の生活では得られない学びを沢山得ることが出来ます。それが将来の夢を抱いたり、将来の進路となるきっかけとなるかも。 最近は「キッザニア東京」に代表される職業体験型のアミューズメント施設もあり、比較的簡単に職業体験が出来るようになってきました。今回ご紹介するのは、日本の社会を支えている三つの職業に関して学び、体験出来る施設となります。

2019/07/18

七夕のお祭りで都内パワースポット巡り

七夕は東アジアで広く行われている季節の節目を祝う習慣の一つです。元々は中国の行事であったものが奈良時代に我が国にもたらされたもの。七夕と言えば、笹に願い事を書いた短冊をつるすことが付き物となっていますが、これは日本独自の風習で、江戸時代に始まったとされています。以来、この夏の宵に人々は思い思いの願いをその短冊に託してきました。 都内にはパワースポットとされる神社仏閣が多くあり、その内のいくつかで七夕のお祭りが催されます。そこで今回は特にご利益のありそうなイベントを厳選してご紹介。ぜひ恋人と音連れて日本のロマンチックな夏をお過ごしください。

2019/07/17

レッツ盆ダンス!東京の盆踊りで夏を楽しもう

盆踊りは文字通りお盆の時期に死者の魂をなぐさめ、供養するために行われる踊りのこと。 その起源については諸説あり定かではありませんが、少なくとも室町時代には現在に近い形のものが催されたと言われています。江戸時代、盆踊りは町人の娯楽として定着。その様子を描いた浮世絵なども残っています。 近代以降も盆踊りの人気は衰えず、「炭坑節」や「東京音頭」など今でもお馴染みの楽曲が作られました。現在でも町内での小さなお祭りから大規模イベントに至るまで、東京の夏を彩る風物詩となっています。 今回はその中でも気軽に友達やご家族で楽しめる、東京都心で行われる盆踊りイベントをご紹介しましよう。

2019/07/17