更新日 : 2019/05/14

イベントを最大限に楽しみ人生も有意義に!「ますみんさん」の楽しみ方をご紹介します

気になるものを見つけては実際のその場所に訪れるという「ますみん」さん。もちろんイベントも例外ではありません。このイベントに行ってみたいな~、と悩みながら実際に行けずじまい。という経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、イベントを楽しむポイントと「ますみん」さんが、ライブを最大限楽しむ手法をご紹介します!

ますみんさんの考えるイベントと楽しむポイント

イベントに行く魅力

気になったものは実際に自分で確かめたい。という思いがあります。期間限定のイベントや、その土地でしか味わえないものがすごく好きです。最近では、ストロベリーフェスティバルやラーメンフェスが楽しかった想い出です。普段食べられないものが沢山食べられるのは本当に贅沢ですよね。グルメ系のイベントは、ネットで調べたり人に聞く内容ではなく、実際に自分で食べて感じることができるので、自分なりの発見もできて楽しいです。

イベントを楽しむポイント

イベントをより楽しむポイントは、写真を撮ること。一人で行ったときは、ずっと写真を撮ってます。何年後かに見返したときに、その時の感動とか楽しさを思い出すことができるので、写真に残すことは本当に好きです。

もちろん、ツイッターなどに投稿して、いろんな人とシェアしたり会話の発端にもしています。フォロワーのほとんどがXファンなのですが、結構私自身の趣味にもついてきてくれる人が多くて嬉しいんです。

イベントへ出かけようと考えているみなさんへ

とにかく今を楽しんでほしいと思います。イベントは新しい自分を見つける場でもあり、新しい仲間とも出会える場でもあります。

人生一回しかない。いつ死ぬかもわからないので、やりたいことはどんどんチャレンジしていってほしいと思います。ネットにある情報だけでは体験できない味、感動、驚きなどがイベントにはあると思います。

「見たい」「知りたい」という気持ちをもって気軽にいろんなことにチャレンジして、有意義な人生を皆さんも送っていただきたいと思います!

Twitter:ますみん【公式】

そんなますみんさんが、ライブを最大限楽しむために行っているものとは・・・

Toshlコスプレでライブ会場へ

X-JAPANのToshlが好きで、コスプレを始めたますみんさん。

Toshlだけに限らず、hideのコスプレもイベントで披露することもあるそうです。

本人になりきるために日々努力

昔のToshlのようになりたくて、ただ金髪にして上半身裸になるだけでなく、ランニングや筋トレをして体を作るように努力しました。もともとラーメンが好きだったのですが我慢して、集中して15キロ痩せて、筋肉作って・・・。時には夜中まで筋トレしたりサウナスーツ着たりすることもあります。

Toshlにになりきるために小物も用意しました。例えばウィッグ。最初は美容室でセットしてもらってたんですが、奇抜な髪型で移動するのはちょっと周囲の目が気になるので、特注のウィッグを作ってもらいました。

コスプレをすることになったきっかけ

勇気を出して、コスプレをしている人たちに声をかけたのがきっかけです。

「一緒に写真撮ってください」ってお願いしたら結構みんな、見た目とは裏腹になんか、凄く優しくてビックリしたのを覚えてます。そうしたら「コスやらないんですか?」って言われて。

そもそも、コスプレしている人がすごいカッコよくて。あっち側に行ってみたいなぁともちょっと憧れていました。

なので、その場で「僕もやりたいです!」って皆さんからいろいろ情報を聞き出しました。どこでコスプレ衣装が買えるのか、メンバーのヘアスタイルはどうやってやるのかなど教えてもらいました。

ライブ会場にコスで行く魅力

ファン歴は長いんですが、Toshl歴はまだ1年です。ライブに行ったのは10回ほど。X-Japan自体あまりライブをやらないのでチケットが取れないこともよくありました。

初めてのコスプレ披露は2018年9月30日のライブ「紅に染まった夜」。

今は黒髪で落ち着いてしまったToshlですが、かつては金髪&上半身裸で「てめーら!」と叫ぶくらいイケイケでした。なので、私もイケイケの頃のToshlさんを真似してコスプレしてみました。

結果、コスプレをしない友達と行ったのですが、コスプレをした自分に列ができるほど写真依頼が殺到してほぼ一人で参加したみたいになってしまいました。

ライブで生の音を聴くのはもちろん楽しいですが、実際に全身なりきってライブに行くのは2倍も3倍も楽しいですよ!

ファンの方々は、バンドメンバー本人たちにはなかなか会うことができません。なので、今ではメンバーに会える疑似体験をさせてあげてるんだ、と勝手にモチベーションを上げています。

また、最近ではツイッターで声をかけてくれる方も増えて「一緒に写真を撮りたい!」や「見かけましたよ!」と言われるようにもなり、そういった繋がりができるのもうれしいですね。

独自の楽しみ方を通じて、人生をより楽しみましょう

ますみんさんは、「コスプレ」という手法で、イベントを最大限に楽しんでいるようです。また、ネットや人に聞いた情報だけでなく実際に自身で足を運び、食べたり・感じたりし感動や驚きを体験する。そういったところがイベントの魅力、とのこと。

さらには、イベントで出会う方や広がる人間関係も楽しんでいるようです。

みなさんもイベントをきっかけに「今を楽しみ、新たな自分を見つけ、新たな仲間と出会い」より有意義な人生を送ってみてはいかがでしょう

新着記事

夏休みは都内のホテルプールで大人の時間を

今年のお盆休みは最大9連休と言われています。 子どもたちは長期の夏休みに入っていますが、日々忙しく働く大人にだって夏休みは必要です。しかし、遠くに出かけてかえって疲れが残ってしまったというのもよくある話。 そこで、都内のホテルプールでお手軽にリゾート気分を味わうのはいかがでしょうか。ホテルのレストランで食事するもよし、ホテルバーでお酒を頂くもよし、そのまま泊まってしまうなど、フレキシブルに動くことができるのが魅力です。夏休みはホテルプールで憩いの一時を過ごしてみませんか。

2019/07/19

お盆の連休は江戸文化イベントへ

GWの10連休から始まった「令和」、今年の夏はさらに9連休がやってきます。 8月11日の「山の日」が日曜日であるため、翌12日が振替休日となり、一般的なお盆休み期間である8月13日から16日へそのまま流れ込み、ここに通常の土日の休みが加わると最大で9連休になるという計算になります。 海外へ国内へ旅行に行きたくても、この時期は何かと割高な上なので悩ましいですよね。そこであえて東京に残ってみるというのも一つの選択肢。 そこで今回は気軽に都内で江戸文化に触れられるイベントに出かけてみてはいかがでしょうか。今回は、そんな江戸文化を感じられるイベント2つをご紹介いたします。

2019/07/19

夏休みは色々つくってみよう!子供向けイベント3選

夏は子供たちにとって、さまざまな経験を与えてくれる季節。 ちょっとしたキッカケから将来の目標が見つかることだって少なくありません。私たち大人が失ってしまった集中力や吸収力でグングン成長していく姿からは、何だかこちらも元気が貰えるような気さえしてきます。 そこで今回は「ものづくり」にフォーカスをあてたものをご紹介。今回セレクトしたものはどれも、子どもたちに飛び切りの体験を与えてくれるものばかり。きっと多くの発見をしてくれるに違いありません。

2019/07/19

とっておき!都内の夏祭りで国際交流

夏祭りの季節です、どこかお出かけのご予定はありますか。 東京都内の各地域はそれぞれ思い思いの趣向をこらした夏祭りの準備が進められています。カップルで行くも良し家族連れで行くも良し、「令和」最初の夏にお祭りで盛り上がりましょう。 今回ご紹介するお祭りは、それぞれの地域で親しまれてきたもの。 しかし、それだけではありません。いずれも国際交流の場として外国人にも開かれたものとなっていいるのです。地域の伝統と異文化がコラボする活気あふれるお祭りです。異文化に興味がある方は是非参加してみましょう!

2019/07/18

発酵食品の魅力を再発見 東京の夏イベント

発酵食品はお好きですか? パン、チーズやヨーグルト、和食には欠かせない味噌や醤油など一切食べない日がないほどに私達の生活に欠かせないものになっています。この発酵を行うのは目に見えない微生物たちですが、今もまだそのメカニズムについては分からない部分が多く残されています。 人類はその微生物が発見されるはるか前から、経験的に発酵を利用し豊かな食文化を作り上げてきたのです。今年の夏、そんな発酵食品の魅力を再発見するイベントが東京で開催。今まで知らなかった新たな味覚に出会えるかもしれません。

2019/07/18