更新日 : 2019/01/10

日本文化を体験しよう!銀座シックスのイベントまとめ

日本人たるもの、やはり日本文化については知っておきたいですよね。しかし、実際に日本文化に触れる機会はあまりないというのが実情ではないでしょうか。そこで、ここでは銀座シックスで開催される日本文化にまつわるイベントをご紹介します。銀座シックスの体験型のイベントは、デートにもぴったり。ぜひチェックして、銀座シックスのイベントに足を運んでみてくださいね。

和菓紙アートの世界を知るなら「永田哲也展―燦々―」

画像提供:@iyu_magical

「時間」と「空間」をテーマにさまざまな作品を創り上げている、永田哲也氏の展覧会。

最近発表している作品で多いのは、「和菓紙三昧シリーズ」。親しみやすいアートの世界に、心温まる気持ちになります。

今回の展覧会の作品で使用されたのは、和菓子の木型と伝統的な手すきで作られる「西の内紙」。温かい輝きのある和紙の質感が、ユニークな世界観を演出します。

日本のアートには、西洋のアートとは違う魅力があります。芸術に興味がある人には、特に足を運んでほしいイベントです。

  • イベント名:永田哲也展―燦々―
  • 開催期間:2019年1月10日(木)~2019年1月23日(水)
  • 最寄り駅:東京メトロ銀座駅
  • 会場:Artglorieux GALLERY OF TOKYO
  • 料金・費用:無料
  • オフィシャルサイトhttps://ginza6.tokyo/news/45454
大きな地図で場所を見る

お正月を感じる新たな空間表現「新春特別装花展示」

画像提供:@mogu03029

日本のお正月は、特別な雰囲気があります。そして、その正月感を目いっぱい演出してくれるのが「新春特別装花展示」。

店舗のエントランスには、装花によってまるで絵画のような世界が繰り広げられています。お正月だからこその展示は、まさに必見だといえるでしょう。

また、期間中に時計を購入すると特典としてFRANCK MULLER純米大吟醸(720ml)が付いてきます。二人だけの特別な一日にいかがでしょうか。

  • イベント名:新春特別装花展示
  • 開催期間:2019年1月2日(水)~2019年1月14日(月)
  • 最寄り駅:東京メトロ銀座駅
  • 会場:FRANCK MULLER GENEVE
  • 料金・費用:無料
  • オフィシャルサイトhttps://ginza6.tokyo/news/46262
大きな地図で場所を見る

日本のあそびを体験できるワークショップ「日本をあそぼう。どこでもけん玉」

画像提供:@su_lab

日本に古くから伝わる誰もが知るあそびといえば、やはりけん玉ですよね。単純に楽しいことに加え、足腰を鍛えたり脳を活性化させたりする効果が期待できることで近年は再度注目を浴びています。とはいえ、普段からよくけん玉であそんでいるという人はあまり多くはないのではないでしょうか。

このワークショップでは、そんなけん玉とけん玉専用の巾着袋の絵付け体験をできます。オリジナルのけん玉と巾着袋があれば、いつでもどこでもけん玉を楽しめます。カップルでけん玉対決をするのも盛り上がりそうですね。さらに、けん玉は長持ちしますので、子どもが大きくなったときに、二人だけのオリジナルけん玉で一緒に遊ぶ、なんていうのも良いですね。

なお、こちらのワークショップは先着7名限定となっています。興味がある人は、早めに申し込むようにしてくださいね。

  • イベント名:日本をあそぼう。どこでもけん玉
  • 開催期間:2019年1月16日(水)
  • 最寄り駅:東京メトロ銀座駅
  • 会場:D-BROS
  • 料金・費用:4000円
  • オフィシャルサイトhttps://ginza6.tokyo/news/46349
大きな地図で場所を見る

日本文化を感じるなら銀座シックスへ

銀座シックスは、気軽に日本文化を感じることができるおすすめのデートスポットです。日本文化を知るためには、本などを読んで知識をつけるよりも実際に体験するのが一番。ぜひ恋人と一緒に銀座シックスへ行って、今まで知らなかった日本文化に触れてみてください。

日本文化を体験すれば、それだけ日本のよさを実感することができます。近代以降はアメリカをはじめとした西洋の文化が多く取り入れられていますが、日本文化のすばらしさには変わりありません。その深さに触れることで、「日本に生まれてよかった」と思えるのではないでしょうか。

新着記事

恐竜展マニア やうこ。さんに聞く!展覧会やイベントに足を運ぶその魅力とは?

お子様と一緒に恐竜博に足を運んでいるうちに、つい一緒に恐竜にハマってしまい、様々な恐竜展覧会に足を運んでいるという恐竜マニアやうこ。(以下「。」は省略)さん。 「子どもの知的好奇心を刺激したい。」「恐竜や生き物が大人になっても大好き。」そんな方必見。恐竜など展覧会の楽しみ方とその魅力をご紹介します。 ...

2019/06/17