更新日 : 2019/05/11

銀座 歩行者天国のイベントを満喫!非日常な体験が楽しめる

普段は車が絶えず行き来している銀座の中央通りが、歩行者天国の時間になると人で埋め尽くされます。いつもは横断歩道を渡るくらいしか踏み入れることがない車道のど真ん中をゆっくりと歩けるという非日常体験ができるのも、歩行者天国ならではの楽しみ方なのではないでしょうか。歩行者天国の時は区域内にパラソルや椅子も設置されるので、車道のど真ん中でちょっと休憩するという珍しい体験もできますよ。

夏と秋に開催されている歩行者天国のイベントって?遊び方や魅力をご紹介


画像:@iseita

銀座の歩行者天国では毎年夏と秋に風情あるイベントが開催されています。まずはそれぞれの魅力や遊び方を紹介していきましょう。

浴衣を着て銀座で遊ぼう!毎年夏に開催されている「ゆかたで銀ぶら」とは


画像:@shima_happy0655

「ゆかたで銀ぶら」は2007年に始まった夏のイベントで、毎年2日間にかけて銀座通り1丁目から8丁目の歩行者天国の区域を利用して行われています。「ゆかたで銀ぶら」という名前の通り、浴衣を着て銀座に出かけてもらうことで、涼を感じてほしいという趣向で催されており、実際に毎年浴衣に身を包んだ多くの方が足を運んでいるようです。

もともとは1970年に開始した銀座の歩行者天国開催記念と、銀座を訪れた方に楽しく過ごしてもらいたいという趣旨から行われているイベントの一環としてスタートしたという「ゆかたで銀ぶら」。実際に浴衣を着ていると銀座で軒を連ねている歴史ある老舗の名店から話題のお店まで、色々な店舗で特典のおもてなしを受けることができます。また、歩行者天国の区間内では打ち水といった夏の暑さを和らげてくれるような涼しげな催しや、迫力ある和太鼓の路上演奏会も行われます。ほかにも風鈴の絵付け体験や盆踊りなど、子どもから大人まで楽しめる魅力的な催しが目白押しなので、ぜひチェックしてみてください。

  • イベント名:ゆかたで銀ぶら
  • 最寄り駅:銀座駅、銀座一丁目駅など(銀座通り、泰明小学校、各商業施設、店舗などで開催)
  • 料金・費用:店舗によって異なる
  • オフィシャルサイトhttp://yukata.ginza.jp/

道の真ん中で野点が楽しめる?銀座らしい上品な遊びが詰まった「AUTUMN GINZA」


画像:@Bovl_hsgI8J

毎年10月中旬から11月初旬にかけて開催されている「AUTUMN GINZA」は銀座らしい上品な遊びが体験できるイベントです。例えば「AUTUMN GINZA」の一環として2002年から開催されている「銀茶会」は、茶道五流派、煎茶道が銀座の街に集結し、大通りが野点で埋め尽くされます。茶席は無料で参加することが可能なうえ、流派やお菓子から好きに茶席を選ぶことができるのも「銀茶会」ならではの魅力です。また、お茶のたて方を教わりながら自分でたてたお茶をいただける「茶道はじめて体験」も同時開催されます。


画像:@amamz

ほかにも子どもたちが歌舞伎を披露する「新富座こども歌舞伎」が泰明小学校で行われるほか、日本舞踊などが体験できる「東京アート&ライブシティプロジェクト」が観世能楽堂、尾上流稽古場で催されるなど、普段あまり馴染みがない方が多いであろう日本の伝統文化に触れることができる魅力的なイベントも多数行われています。来年の秋は銀座の歩行者天国で非日常な体験を堪能してみてはいかがでしょうか。

  • イベント名:AUTUMN GINZA
  • 最寄り駅:銀座駅、銀座一丁目駅など
  • 料金・費用:催しによって異なる
  • オフィシャルサイトhttp://www.ginza.jp/event/10818

まとめ

いかがでしたか?銀座へ土曜、日曜、祝日に出かける際は、ぜひ歩行者天国も体験してみてください。また、今回紹介した「ゆかたで銀ぶら」や「AUTUMN GINZA」は今後も開催が期待できるので、興味がある方は公式HPを随時チェックすることをおすすめします。

新着記事

夏休みは都内のホテルプールで大人の時間を

今年のお盆休みは最大9連休と言われています。 子どもたちは長期の夏休みに入っていますが、日々忙しく働く大人にだって夏休みは必要です。しかし、遠くに出かけてかえって疲れが残ってしまったというのもよくある話。 そこで、都内のホテルプールでお手軽にリゾート気分を味わうのはいかがでしょうか。ホテルのレストランで食事するもよし、ホテルバーでお酒を頂くもよし、そのまま泊まってしまうなど、フレキシブルに動くことができるのが魅力です。夏休みはホテルプールで憩いの一時を過ごしてみませんか。

2019/07/19

お盆の連休は江戸文化イベントへ

GWの10連休から始まった「令和」、今年の夏はさらに9連休がやってきます。 8月11日の「山の日」が日曜日であるため、翌12日が振替休日となり、一般的なお盆休み期間である8月13日から16日へそのまま流れ込み、ここに通常の土日の休みが加わると最大で9連休になるという計算になります。 海外へ国内へ旅行に行きたくても、この時期は何かと割高な上なので悩ましいですよね。そこであえて東京に残ってみるというのも一つの選択肢。 そこで今回は気軽に都内で江戸文化に触れられるイベントに出かけてみてはいかがでしょうか。今回は、そんな江戸文化を感じられるイベント2つをご紹介いたします。

2019/07/19

夏休みは色々つくってみよう!子供向けイベント3選

夏は子供たちにとって、さまざまな経験を与えてくれる季節。 ちょっとしたキッカケから将来の目標が見つかることだって少なくありません。私たち大人が失ってしまった集中力や吸収力でグングン成長していく姿からは、何だかこちらも元気が貰えるような気さえしてきます。 そこで今回は「ものづくり」にフォーカスをあてたものをご紹介。今回セレクトしたものはどれも、子どもたちに飛び切りの体験を与えてくれるものばかり。きっと多くの発見をしてくれるに違いありません。

2019/07/19

とっておき!都内の夏祭りで国際交流

夏祭りの季節です、どこかお出かけのご予定はありますか。 東京都内の各地域はそれぞれ思い思いの趣向をこらした夏祭りの準備が進められています。カップルで行くも良し家族連れで行くも良し、「令和」最初の夏にお祭りで盛り上がりましょう。 今回ご紹介するお祭りは、それぞれの地域で親しまれてきたもの。 しかし、それだけではありません。いずれも国際交流の場として外国人にも開かれたものとなっていいるのです。地域の伝統と異文化がコラボする活気あふれるお祭りです。異文化に興味がある方は是非参加してみましょう!

2019/07/18

発酵食品の魅力を再発見 東京の夏イベント

発酵食品はお好きですか? パン、チーズやヨーグルト、和食には欠かせない味噌や醤油など一切食べない日がないほどに私達の生活に欠かせないものになっています。この発酵を行うのは目に見えない微生物たちですが、今もまだそのメカニズムについては分からない部分が多く残されています。 人類はその微生物が発見されるはるか前から、経験的に発酵を利用し豊かな食文化を作り上げてきたのです。今年の夏、そんな発酵食品の魅力を再発見するイベントが東京で開催。今まで知らなかった新たな味覚に出会えるかもしれません。

2019/07/18