更新日 : 2019/05/11

女性でも安心!銀座のひとり飲みにおすすめのバー4選

ファッションやグルメの高級店が軒を連ねる大人の街・銀座。そんな思わず背筋がピンとなりそうな大人の街には、にぎやかさからかけ離れた銀座らしい落ち着いた雰囲気が広がるバーも多く点在しています。今回はそのなかでも女性のひとり飲みにピッタリな居心地の良いバーを4店紹介していきたいと思います。

大人らしい上質な空間でひとり飲みはいかが?趣向をこらしたカクテルがポイントの「Bar Recette」


画像:@bc.hirosan

東京メトロ銀座駅から徒歩3分位の場所にある「Bar Recette」です。こちらのお店ではバーテンダーが技術を競い合う「World Class 2016」のファイナリストが手掛ける趣向を凝らしたカクテルの数々をいただくことができます。

例えば「モスコミュール」は自分で生姜をおろして味を調整することができるところが「Bar Recette」ならではのポイント。こうすることで自分好みの味に仕上げることができるだけでなく、生姜ならではの爽やかな香りが楽しめるそうです。ほかにも他のバーにはないような珍しいカクテルや和の趣向を凝らしたカクテルなどがそろっているので、カクテル片手にひとり飲みを楽しみたいという女子におすすめです。

ジャズが流れる銀座のバー「Bar Entrust」でひとり飲みを楽しむ


画像:@zkazumaz

夜の銀座のにぎやかさから離れて、ゆっくりとひとり飲みを楽しみたいという女性におすすめなのが「Bar Entrust」です。ジャズ流れる店内は静かな大人の雰囲気が広がっています。

国産ウイスキーのラインナップが豊富で、なかには一般の市場に出回っていない珍しいものもあるというのが「Bar Entrust」ならではのポイント。運が良ければお気に入りの1本に出会えるかもしれません。ほかにも旬のフルーツやベジタブルを使用している珍しいカクテルもあるので、美容や健康に気を配っている女性にもおすすめです。

  • スポット名:Bar Entrust(バー エントランス)
  • アクセス:新橋駅から徒歩5分
  • オフィシャルサイトhttp://bar-entrust.com/

ゆったりとひとりの時間を楽しめる銀座のバー「Bar Silver Hearts」


画像:@kevintakasaki

にぎやかな銀座の街から少し離れ、東銀座の歌舞伎座からほど近いところにあるのが「Bar Silver Hearts」。300種類以上のラインナップを誇るウイスキーは各々解説付きのメニューもあるので、ウイスキー初心者の女性も気軽に楽しめます。

「Bar Silver Hearts」には季節のフレッシュフルーツを使ったカクテルもあるので、カクテル好きの女性にもおすすめです。カウンターからはバーテンダーがカクテルを作る光景も間近で観ることができるので、ひとり飲みでも退屈することなくゆっくりとした時間を楽しむことができると思います。

  • スポット名:Bar Silver Hearts(バー シルバー ハーツ)
  • アクセス:東銀座駅から徒歩1分
  • オフィシャルサイトhttp://silver-hearts.info/

日本酒片手に銀座でひとり飲みを楽しむならココ!「和酒バー 庫裏」


画像:@hitosara_official

銀座駅から徒歩3分くらいの距離にある「和酒バー 庫裏」は、その名の通り日本酒や焼酎といったおいしい和酒がいただけるお店です。特に日本酒は1年間で3,000本もの種類を取り扱っているそうで、それぞれ好みの飲み方でいただくことができます。好みを言えば店主がおすすめを選んでくれるサービスもあるので、日本酒に詳しくないという女性にもおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?銀座には女性一人でも楽しめるバーがたくさんあります。お酒は好きだけど詳しくない。。。という方もぜひ一度気軽に足を運んでみてください。優しく教えてくれるお店ばかりですよ。ぜひお気に入りのバーを見つけてひとり飲みを満喫してみてください。

新着記事

夏休みは都内のホテルプールで大人の時間を

今年のお盆休みは最大9連休と言われています。 子どもたちは長期の夏休みに入っていますが、日々忙しく働く大人にだって夏休みは必要です。しかし、遠くに出かけてかえって疲れが残ってしまったというのもよくある話。 そこで、都内のホテルプールでお手軽にリゾート気分を味わうのはいかがでしょうか。ホテルのレストランで食事するもよし、ホテルバーでお酒を頂くもよし、そのまま泊まってしまうなど、フレキシブルに動くことができるのが魅力です。夏休みはホテルプールで憩いの一時を過ごしてみませんか。

2019/07/19

お盆の連休は江戸文化イベントへ

GWの10連休から始まった「令和」、今年の夏はさらに9連休がやってきます。 8月11日の「山の日」が日曜日であるため、翌12日が振替休日となり、一般的なお盆休み期間である8月13日から16日へそのまま流れ込み、ここに通常の土日の休みが加わると最大で9連休になるという計算になります。 海外へ国内へ旅行に行きたくても、この時期は何かと割高な上なので悩ましいですよね。そこであえて東京に残ってみるというのも一つの選択肢。 そこで今回は気軽に都内で江戸文化に触れられるイベントに出かけてみてはいかがでしょうか。今回は、そんな江戸文化を感じられるイベント2つをご紹介いたします。

2019/07/19

夏休みは色々つくってみよう!子供向けイベント3選

夏は子供たちにとって、さまざまな経験を与えてくれる季節。 ちょっとしたキッカケから将来の目標が見つかることだって少なくありません。私たち大人が失ってしまった集中力や吸収力でグングン成長していく姿からは、何だかこちらも元気が貰えるような気さえしてきます。 そこで今回は「ものづくり」にフォーカスをあてたものをご紹介。今回セレクトしたものはどれも、子どもたちに飛び切りの体験を与えてくれるものばかり。きっと多くの発見をしてくれるに違いありません。

2019/07/19

とっておき!都内の夏祭りで国際交流

夏祭りの季節です、どこかお出かけのご予定はありますか。 東京都内の各地域はそれぞれ思い思いの趣向をこらした夏祭りの準備が進められています。カップルで行くも良し家族連れで行くも良し、「令和」最初の夏にお祭りで盛り上がりましょう。 今回ご紹介するお祭りは、それぞれの地域で親しまれてきたもの。 しかし、それだけではありません。いずれも国際交流の場として外国人にも開かれたものとなっていいるのです。地域の伝統と異文化がコラボする活気あふれるお祭りです。異文化に興味がある方は是非参加してみましょう!

2019/07/18

発酵食品の魅力を再発見 東京の夏イベント

発酵食品はお好きですか? パン、チーズやヨーグルト、和食には欠かせない味噌や醤油など一切食べない日がないほどに私達の生活に欠かせないものになっています。この発酵を行うのは目に見えない微生物たちですが、今もまだそのメカニズムについては分からない部分が多く残されています。 人類はその微生物が発見されるはるか前から、経験的に発酵を利用し豊かな食文化を作り上げてきたのです。今年の夏、そんな発酵食品の魅力を再発見するイベントが東京で開催。今まで知らなかった新たな味覚に出会えるかもしれません。

2019/07/18