更新日 : 2019/03/05

「六本木アートナイト」はこう楽しめ!初心者&カップルのためのまるわかりガイド

六本木の街が美しく彩られるイベント「六本木アートナイト」。たくさんのイルミネーションや巨大なアート作品に囲まれながら手つなぎで歩く六本木の夜は格別です。

アート好きにはたまらないイベントであることはもちろんですが、実は「アート初心者、アートにまったく興味がない人」にこそオススメしたいイベントなんです!

ここでは、六本木アートの基本的な楽しみ方について紹介していきますよ!

六本木アートナイトってどんなイベント?楽しみ方は?

まずは、六本木アートナイトの基本情報をチェックしておきましょう。

街全体がアートに変わる


画像提供:@__1_1_1_5__

六本木アートナイトは、すごく簡単に言ってしまうと「街のいたるところでアートや音楽、映像作品などを公開・展示して、六本木の街そのものをアート作品にしちゃおう!」といったイベントです。

2018年のアートナイトでは、「街はアートの夢を見る」なんておしゃれなキャッチコピー(テーマ)がついていました。

毎年、土日の2日間をつかって開催されるんですが、とくに土曜夜〜日曜朝の深夜帯に公開される作品が多いのでアート「ナイト」なんです。一晩中街がにぎわうことから「不夜城のようだ」とも言われ、時間を気にしないデートにもぴったりですね!

目で見て、耳で聞いて。アートを知らなくても楽しめる!


画像提供:@kusanomakura

「アート」と聞くと、ちょっと敷居が高いというか、芸術に詳しくないと楽しめないイベントなのかな?と思ってしまう人もいるかもしれません。でも大丈夫!

六本木アートナイトは、ふだん芸術に触れていない人にこそ楽しんでもらいたいイベントなんです!

現代アート、デザイン、音楽、映像、パフォーマンス等の多用な作品を街なかに点在させ、非日常的な体験をつくり出六本木アートナイト2019 公式サイト:より引用)

と公式サイトにもあるように、アート作品だけでなく、音楽や映像、パフォーマンス、体験型作品(プロによるレクチャーなど)といったアート初心者でも楽しめるプログラムがもりだくさん!レジャーランドに来たような気持ちで楽しんでみてくださいね。

ちなみに、アートナイト期間中は多くの飲食店やBARが深夜〜朝まで営業を行います。

ゆっくりお酒を飲みながら気に入った作品や二人のこれからについて語り合う……なんていうのも素敵ですね。

六本木アートナイト2019は5月25・26に開催!


画像提供:@hiropomme

「六本木アートナイト2019」は、2019年5月25(土)・26(日)の2日間にわたり開催されます。

2018年12月13日現在は「オープンコール・プロジェクト」と称して公開作品の公募を行っているようで、2月上旬ごろから採択作品が発表される予定です。いったいどんな作品が選ばれるのか、いまからドキドキしてしまいますね……!

・出展アーティスト
・採択作品
・参加施設、参加店舗

などの情報は六本木アートナイト2019公式サイト(http://www.roppongiartnight.com/2019/)にて随時更新されていきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

アートナイトの「ここ行けば間違いない!」なスポット3つ!

街のいたるところに作品が展示されるアートナイト。

比較的多くのプログラムが集まりやすいスポットを3つ紹介します。

エリアごとにプログラムの傾向が異なるのが面白いんですよ!

アートにがっつりと触れたいなら「国立新美術館エリア」


画像提供:@mantaro.owan

みんなで動いたり、みんなで騒いだりするようなメイン級のプログラムのほか、アート色の強い作品が多く集まってくるのが国立新美術館エリア。アートナイトの作品鑑賞は基本的に無料ですが、国立新美術館は有料での特別展示も行っています。

「せっかくのアートナイト、歴史ある美術や芸術に触れてみたい!」という人はぜひ足を運んでみてください。

  • スポット名:国立新美術館
  • 所在地:東京都港区六本木7-22-2
  • アクセス:千代田線「乃木坂駅」6番出口直結・大江戸線「六本木駅」7番出口徒歩4分・日比谷線「六本木駅」4a出口徒歩5分
  • オフィシャルサイトhttp://www.nact.jp/

アートを五感で感じよう!「六本木ヒルズエリア」


画像提供:@sundrygood_syndrome

六本木ヒルズエリアには、メイン級のプログラム、体験型のプログラムが多く集まります。

またその広さを活かして、DJブースなどのフェス的なプログラムが行われることも!

ヒルズの中にはレストランやBARが入っているので、鑑賞に疲れたらゆっくりお酒を飲むこともできちゃいます。「アートは見るよりも感じたい!」というカップルにはぴったりのエリアですよ。

  • スポット名:六本木ヒルズ
  • 所在地:東京都港区六本木6-10-1
  • アクセス:各線「六本木駅」1C出口直結・3番出口徒歩4分・大江戸線「麻布十番駅」7番出口徒歩5分・千代田線「乃木坂駅」7番出口徒歩10分
  • オフィシャルサイトhttp://www.roppongihills.com/

渋い!アートナイト上級者を目指すなら「六本木商店街エリア」


画像提供:@daisukekasahara

ニッチでマニアックなプログラムが多く集まるのが、六本木商店街エリアです。

場所柄、大きなプログラムはあまりありませんが、イベラー的にはむしろそれがいいんです!

街なかでパフォーマンスしている人がいたり、見慣れたはずの駐車場に不思議なオブジェが出現していたり……。夜の商店街に潜む作品たちを探すのは、なんだか宝探しみたい。アートの宝探しなんて、すごく素敵じゃありませんか?

  • スポット名:六本木商店街
  • アクセス:日比谷線、大江戸線「六本木駅」・南北線「六本木一丁目駅」・千代田線「乃木坂駅」
  • オフィシャルサイトhttp://www.ractive-roppongi.com/index.html

レストランやBARの装飾もみどころ!

プログラムを楽しむのはもちろんとして、実はアートナイトにはもうひとつの楽しみ方があるんです。

それは「飲食店やBARの装飾を楽しむ」こと!

六本木周辺のお店は、アートナイト期間中は店内を装飾している可能性が高いんです。店主やマスターの趣味まるだしの店内を楽しみながら過ごす、そんなアートナイトもありですね。

音楽とアートの融合を楽しもう!「TUSK(タスク)」


画像提供:@hosannna0629

TUSK(タスク)は、ニューヨークやロンドン、シドニーなどを彷彿(ほうふつ)とさせるような店内が人気のBARです。店内は最先端のサウンドシステムによる上質な音楽で満たされ、壁面にはアーティスト小澤雅志氏による大型絵画が飾られています。アート好きたちと語らいたいならカウンターに座ってみてもいいですし、カップルでゆっくり過ごしたいならソファー席に座ってみるのもいいでしょう。音楽と絵画、それにお酒の融合を心ゆくまで堪能してみてください。

  • スポット名:TUSK(タスク)
  • 所在地:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク 1F
  • 電話:03-3478-9991
  • アクセス:各線「六本木駅」1C出口直結、3番出口徒歩4分・各線「麻布十番駅」7番出口徒歩5分、4番出口徒歩8分
  • オフィシャルサイトhttp://tuskbar.jp/

ワンランク上のしっかりデートに。「ケンゾー エステイト ワイナリー」


画像提供:@kakogawa78fuji

アートナイトのプログラムを楽しんだ後は、一転して大人のデートを楽しんでみてはいかがですか?

ケンゾー エステイト ワイナリーなら、広々とした落ち着いた空間で、素敵な食事と上質なワインをいただけます。カップルで訪れるなら、断然個室がオススメ。アートナイト期間中は混雑が予想されるので、事前に予約しておくといいかもしれません。六本

  • スポット名:ケンゾー エステイト ワイナリー
  • 所在地:東京都港区六本木6-12-4 六本木ヒルズ レジデンスD棟1F・2F
  • 電話:03-3408-1216
  • アクセス:日比谷線「六本木駅」徒歩6分・大江戸線「六本木駅」徒歩8分・大江戸線「麻布十番駅」徒歩8分
  • オフィシャルサイトhttp://tr.kenzoestate.jp/r_hills/

まとめ

六本木アートナイトは、アートを五感で感じることができるイベントです。

今までアートに興味がなかった人でも、いや、そんな人ほどハマってしまうこと間違いなし!

デートで行くなら、レストランやBARの予約も入れておきましょう。きっと大切な夜になりますよ。