更新日 : 2018/04/21

【運動不足解消には自転車が効果的?】嬉しい健康効果を紹介!

最近仕事が忙しくてすっかり運動不足。運動不足は解消しなきゃ…と思いつつも、疲れている身体にはランニングやウォーキングはハードルが高いですよね。

ところが!ランニングやウォーキングと同じ有酸素運動の効果を得られるのが「自転車」なんです!

自転車は楽に始めることができるのに、しっかり下半身に必要な筋肉をつけてくれるだけではなく、健康のためにも良いこと尽くし。

今回は、そんな気になる運動不足解消のために気軽に取り入れられる「自転車」から得られる健康効果4つと、おすすめの運動量についてご紹介いたします!

自転車を始める魅力とは?

画像提供:@mellotski

自転車はランニングやウォーキングと同じ「有酸素運動」の部類に入ります。

ところが、自転車はランニングやウォーキングと違い、身体に負荷を感じにくく、楽と感じるのに、効率的に下半身の筋肉を鍛えることができるんです。

下半身を鍛えることによって得られる健康効果は、なんといっても血流が良くなること!下半身に筋肉をつけることで身体中の血流が良くなり、健康な身体へと導いてくれます。

また、自転車はひざや腰への負担がかからないため、体重が多い人でも簡単に取り入れやすい運動なんですよ♪

自転車で得られる健康効果

画像提供:@masa_geophotography

自転車を漕ぐことによって得られる健康効果の一番は血流が良くなること。

ここでは更に、血流が良くなることでどんな効果があるのか、そして女性にも嬉しい健康効果についてもご紹介いたします。

血流アップでむくみや生理の悩みの解消に

画像提供:@etsu_o5

自転車を漕ぐときには主に太ももやふくらはぎなどの下半身を重点的に使います。

その「ふくらはぎ」が重要なポイント。
ふくらはぎは「第二の心臓」とも呼ばれており、下半身にたまった血液を心臓に押し戻すポンプの役割があります。

デスクワークなどによって足を使わなくなると、ふくらはぎのポンプ機能が正常に働かなくなり血流が滞ってしまいます。血流が悪くなると、足のむくみや生理痛が出てくるようになってしまうんです。

ところが、ふくらはぎを動かして血流を良くすることによって足のむくみが解消されるほか、生理中には子宮から流れる経血がスムーズに排出されるようになるので、生理痛がなくなったり、ダラダラ続く生理もスッキリ終わるようにもなるんですよ!

身体の軸を整えポッコリお腹の解消に

画像提供:@ymk0503at

女性の身体に多いのが下半身のポッコリお腹。ポッコリお腹は大半が腹筋の衰えや姿勢の悪さからくると言われています。

自転車を漕ぐことでまず、下半身が鍛えられます。下半身が鍛えられると、身体の軸がしっかりしてくるので姿勢も良くなり、姿勢が良くなることによって内臓が元の位置に戻るのでポッコリお腹も解消されるんです♪

疲れにくい身体に

画像提供:@etsu_o5

じつは身体の筋肉の中で一番最初に落ちていくのが下半身の筋肉。

デスクワークや車での移動などで足を使わなくなってくるといつの間にか下半身の筋肉はどんどん落ちていってしまいます。

下半身の筋肉は上半身を支える重要な筋肉をつかさどっています。身体の土台である下半身の筋肉が落ちることによって、ふくらはぎのポンプ機能が落ちることだけではなく、血流の滞りなどから倦怠感を感じやすくなってしまうことも。

自転車を漕いで下半身を鍛えることによって、ふくらはぎのポンプ機能が正常に動き、血流が良くなることや、身体の土台がしっかりするので、疲れにくい身体にしてくれる効果もあります。

ストレスの解消にも

画像提供:@ma12ki34

自転車を漕ぐことで気分が良くなる経験をしたことはあるはず。
実は自転車を漕ぐことで脳の幸せ物質「ドーパミン」が分泌され、気分の向上に繋がると言われています。

また、身体を動かして血流を良くすることで副交感神経が優位に働き、リラックス効果もあるとされています。

どのくらいの時間漕げばいいの?

画像提供:@ma12ki34

自転車を漕ぐことは「有酸素運動」の部類に入ると上記に書きましたが、有酸素運動は開始してから20分以上続けることで初めて効果を得ることができると言われています。

おすすめは毎日往復20分のサイクリングコースを見つけること。

毎日片道10分ずつだったらストレスなく始められますし、なにより大事なのは「継続すること」

毎日は抵抗がある…という方は週2~3回から始めてみても大丈夫。気軽に始めて、自分なりの続けられるペースを見つけてみてくださいね♪

自転車を漕いで健康な身体を手に入れよう

自転車を漕ぐことで得られる嬉しい健康効果や、運動量についてご紹介いたしました。自転車は気軽に取り入れられるのにしっかりと下半身を鍛えることのできる運動です。

デスクワークや車での移動などで使わなくなった足腰の筋肉は特に落ちやすいもの。いつまでも若々しく元気な身体でいるためにも、自転車を漕いで下半身の筋肉をつけることをおすすめします。

まずは普段のスーパーまで自転車で買い物に行ってみることから始めてみませんか?

新着記事

恐竜展マニア やうこ。さんに聞く!展覧会やイベントに足を運ぶその魅力とは?

お子様と一緒に恐竜博に足を運んでいるうちに、つい一緒に恐竜にハマってしまい、様々な恐竜展覧会に足を運んでいるという恐竜マニアやうこ。(以下「。」は省略)さん。 「子どもの知的好奇心を刺激したい。」「恐竜や生き物が大人になっても大好き。」そんな方必見。恐竜など展覧会の楽しみ方とその魅力をご紹介します。 ...

2019/06/17